プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなたの力が必要」その日のために(転載)

3月16日北海道新聞朝刊に掲載された、精神科医・香山リカさんの寄稿。

「あなたの力が必要」その日のために

 これを読んでいるあなたは、とりあえず今は安全な場所にいるのだろうか。

 だとしたら、どういう状況であるかにかかわらず、まずは「私は、大丈夫」と自分に声をかけ、安心させてあげてほしい。

 もちろん、親族や友人と連絡が取れなかったり避難所や病院にいると聞かされたりして、「とても、自分を安心させるなんて無理だ」と思う人もいるだろう。懸命の救援活動の映像を見ながら、「自分のことなんて、今はとても考えられない」と憤りにも似た気持ちを抱く人もいるかもしれない。

 それでも私は、「まず自分を励まして」と言いたいのだ。

 日本を襲った未曽有の大惨事。今はこの国に住むほとんどの人たちが、この大災害に関する情報、そしておびただしい映像に連日、接し、これまでとは違った毎日を送っている。たとえ直接、大きな揺れを感じたり津波を目撃したりしていない人でも、かなりリアルな「疑似体験」をしていると言っていい。

 そうなると、私たちの心は、被災地にいる人にも匹敵するような大きなダメージを受ける。そこには心の傷、つまりトラウマも発生する。実際、テレビの映像だけから深刻なトラウマ後遺症が発症した例が、アメリカの同時多発テロの後、いくつも報告されている。

 眠れない。不安で胸がザワザワする。気持ちが落ち込んで無気力になる。逆に、「何かしたい」と思い、目的もないまま動きまわってしまう。人と話していてもやたらとイライラする。これらは、すでに心が深刻な傷を受けていることを意味している。

 被災地で実際に大きな打撃を受けた人が無数にいるのに、そこから離れた場所にいる人までが、トラウマで心身を病んでしまったらどうなるだろう。助けの手を差しのべるべき立場にいる人が、心のケアを必要とするようになる、といった事態は、何としても避けなくてはならない。

 これからは、日本中がお互いを支え合い、励まし合って、立ち直っていかなくてはならないのだ。そのためにも、まずすべきことは、自分で自分を守ること。そうできる人は、ゆっくり体を休め、食事をきちん取り、お風呂に入って体をあたためる。「被災地の人に申し訳ない」と思う気持ちもわかるが、そうやって自分を維持することが直接、被災していない人の義務だと思う。

 「あなたの力が必要」と言われるその日に備え、自分の生活と健康を守る。それが今、私たちにできる最大限のことなのではないだろうか。




ASD(急性ストレス障害)なのか!?」に書いたように、「うるさ過ぎないバラエティ番組を見られる心理状態に」なれたのは、この寄稿を読んだおかげかもしれない。

ちなみに香山リカさんには、ジャイアント馬場さんの大ファン、という点で、勝手に親近感を抱いているのであった。



馬場さんといえば、阪神淡路大震災の時のエピソードが忘れられない。

より一層、馬場さんのファンになったし、馬場さんのファンである事を誇らしく思ったものだ。

詳しくは、こちらの記事をご参照のほど。

*アサダトレーナーのスポーツ日常日記>>阪神大震災時のジャイアント馬場さんの行動
*気まぐれに参ります>>阪神大震災と、ジャイアント馬場さん



<関連記事>
ASD(急性ストレス障害)なのか!?

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)
しばらく更新なかったので、ちょっとホッとしました。
気持ちって自力ではなかなか操作できないですが
少なくとも「誰かと話す」って大事だと思います。
一人で気持ちを抱え込む事に良い要素は一個もないです。
(B太もコレをよくやってしまいます)
穏やかな時間が戻ってきますように
実は私、右耳がストレス性難聴になってしまいました…(汗)
現在服役中、じゃなくて、お薬服用中。
ま、早めに医者に行ったので、たぶんちゃんと治ると思う。

一日中泣きたい気持ちだったり、テレビの音を聞くだけで気が狂いそうになったり。
やっぱりテレビで悲惨映像を見すぎたせいだと思うわ。
現実から目をそらしちゃいけないってこととは別だよね。
今は見るものを選んでる。
でわ姐さんも、気楽に行こう。
*B太さん
ありがとうございます。
吐き出したら、ちょっとラクになりました。

更新頻度の低さは、いつも通りです。
地震からの数日、無駄にネット回線を使わないようにしていました。
緊急車両が近づいたら道を譲る、という感じで。
*ようめさん
結構なダメージを受けてますね・・・。
お大事になさってください。
私は、高音への不快感が増したような気が。

しかし・・・平常心でいる事に努力が必要だとは、思いもしなかったです。
なんとなく、外で素振り(野球の)をしたい気分。
やっぱり、何かで発散した方が良さそうですね。
はじめまして...私も40代です(*^_^*)。ネットのこの記事を読んで(→http://tv.goo.ne.jp/contents/news/NTSssp20110328044/index.html)急性ストレス障害という名前を知り、検索して、こちらにたどり着きました。子どもだけじゃなく大人も同じように苦しんでるんだな~、と分かり、なんとも励まされました。私の場合は、一時的に寒気と震えがコントロールできなかったのですが、今はそのような身体の症状は落ち着いてきています。(やっぱり身近な人と話せたのが良かったように思います♪)
でもまだ、原発のニュースを逐一チェックせずにはいられない状態は続いていまして…^^;。
“自分と大切な人の身を守るため”と思っていましたが、これも過度に警戒する、というストレス障害の症状の一つなのかも・・?!と気づくことができ、よかったです。
香山リカさんの中・長期的な視点にも励まされました。そうですよね!いつか力になれると信じて。。。希望を持ち続けたいと思います^^。記事をupしてくださり、ありがとうございます♪
  • 通りすがり
  • URL
  • 2011.03.28
  • 編集
*通りすがりさん
いらっしゃいませ。
私も今回初めて「急性ストレス障害」というのを知りました。
多くの人が、何かしらのダメージを受け、それと闘っているんですね。
一度に色んな事が起こり過ぎて、自分の処理能力では追いつかないというか、脳や心が、パニックを起こしているというか・・・。
おっしゃる通り、「中・長期的な視点」で、前向きに物事を考えるようになりたいですね。
やっぱりどうしたって気持ちは沈みますよね。
笑う気にも、遊ぶ気にも、買い物する気にもなんない。。。
でも友人から
「被害がなかった場所の人間は、出来ること
(募金ぐらいだけど)をやったら、後は普段通りに
生活していかないと。
このままでは、悪い景気がさらに悪化して税収が減って
復興財源もますます苦しくなっちゃうからね。」
と言われ、それもそうだと…んー?そうなんかな?
なんか最近考え過ぎて、よくわからなくなりましたが、
やっぱり「自分を維持すること」は大切ですよね。
どういう方向性からみても。

でわさんのブログに出会えて良かったです。
いろんな勇気頂いてます。(不具合持ちなので、なおさら)
またお邪魔させてくださいね。
  • タテヨコ
  • URL
  • 2011.03.28
  • 編集
*タテヨコさん
ご友人のおっしゃる事は、もっともなんですが・・・そこまで消化しきれていないです、まだ。
あせらず、ゆっくり行きましょう。
今日の朝刊の香山リカさんのコラムも転載したので、是非ご覧になってください。

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。