プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASD(急性ストレス障害)なのか!?

Infoseekのニュース記事より。

被災していないのに体調不良 衝撃映像で「急性ストレス障害」? (J-CAST)

東北関東大震災で直接被災したわけでもないのに体調不良を訴える人が増えている。ネットには「被災してないのにフラッシュバックがハンパない」「突然息ができなくなる」「食欲がない」「涙が止まらない」などの書き込みが大量に出ていて、相当に苦しんでいる様子がうかがえる。

精神科医によれば、これはASD(急性ストレス障害)によく似た症状で、テレビやネットで被災地の衝撃的な映像を繰り返し見たことにより、「被害を受けた感覚になっている」可能性が高いという。

「ヤフー!知恵袋」にも相談

こうした書き込みがネットに頻繁に現れるようになったのは3月17日ごろから。そこには、

「なんか気持ち悪い、血圧あがっちゃって、テレビ見ると居てもたってもいられない」
「突然息ができなくなるのと、疲れが抜けない、気力がわかない、今困ってる」
「次から次に出てくる不安要素をリアルタイムで追ううちに、俺も情緒不安定になった」
などと書かれている。Q&Aサイト「ヤフー!知恵袋」にも、「動揺してしまっていてどうしようもなく悲しく不安で寝ることも出来ません」などといった相談が出ている。

被災地から遠く離れた九州の佐賀県の病院でもこういった不安を訴えて通院する患者が目立つようになったという。

「被害を受けた感覚」から抜け出すには

同県唐津市の進藤病院。精神科医の進藤太郎氏によると、この症状はASD(急性ストレス障害)に似ていて、メディアが発達していない時代にはあまり起こらなかった「現代病」のようなものだという。

原因として考えられるのは、被災のショッキングな映像をテレビやネットで繰り返し見たこと。もともとショッキングな映像は健常者でもリスクが高く、それを繰り返し見ることによって実際に体験したわけではないのに「自分が被害を受けた感覚」になってしまうという。

症状が出た時の対策としては、被災に関するショッキングな映像と距離を置くこと。特に子供の場合は親がテレビやネットを制限すること。また、自分を現実に戻すことも重要だ。そのためには、

「現実の世界の中で、自分が苦しんでいることを親や友人達に直接、話したりすることが有効です。どうしても症状が治まらない場合は、医療機関に相談するのがいいと思います」
と進藤医師はアドバイスしている。

[ 2011年3月24日17時51分 ]




私にも、その兆候が・・・?



地震が起きた日から4日間、無駄にネットを使わないようにと、ずっとテレビを見ていた。

呆然と見続けるしかなかった、とも言える。



5日目(3月15日)。

洗濯機の水の渦を見て、津波を思い出す。

夜に入浴した事や、普段より厚いパジャマだった事も、関係があるのかもしれないが、妙に暑くて熟睡できず、寝返りばかり打った。

もしかしたら、うなされていたかもしれない。



津波の音が、耳にこびりついて離れなくなっていた事もあって、それ以降、必要以上に震災関係の番組を見ないようにした。

情報は、新聞とネットで得る事に。



6日目(3月16日)。

うるさ過ぎないバラエティ番組を見られる心理状態に。

やっと、何か出来る事はないか、を考えられるようになってきた。



10日目(3月20日)。

リラックス効果があるというカモミールティー、十何年ぶりかで購入。

福島原発の事故が報じられてから、そのうち(いつだよ)読み返そうと思っていた、ゴルゴ13「2万5千年の荒野」を読む。

「そういえば原発の話があったよなぁ」ぐらいの記憶だったんだが・・・読み返してみると、今回の事故に似ている点が多くて、手が震えた。

以前は分からなかった原発の仕組みや用語が、多少理解できるようになったので、リアルに感じてしまうのだ。

あらすじは、ゴルゴ13総合研究所『俺の背後に立つな!』の「ゴルゴ13第64巻-3 2万5千年の荒野」をご参照のほど。


「2万5千年の荒野」収録
SPコミックス:ゴルゴ13(64)
SPコミックスコンパクト:ゴルゴ13(volume 55)



11日目(3月21日)。

バラエティ番組に何気なく映った、空撮の映像を見て、金縛り状態に。

繰り返し見た、被災地の空撮を思い出してしまったのだ。

目に写っているのは普通の空撮なのに、脳が見ているのは津波に飲み込まれた街・・・というか。



それ以降、録画保存してある「必ず笑える」番組などを、意識して見るように。



しかし、13日目(3月23日)夜。

周囲が泥と瓦礫で埋まった中に自分がいる、という夢を見てしまった。



・・・やばい。



そして昨日、14日目(3月24日)。

高架を走るJRから景色を見ながら、「あの辺の高さまで津波が・・・」とか考えてしまい、脳内で、その景色と津波を合成してしまう。

こんなところで、想像力を発揮しなくても!

福島原発で作業員が被爆、というニュースを見て、ゴルゴ13「2万5千年の荒野」で、放射能水を浴びて被爆したコモン・バリー技師を思い出す。



ちなみに夕べの夢は、7~8人での飲み会の後、友人と馴染みのスナックへ行こうとしたら、親戚の伯母さんが付いて来たがって苦笑い・・・という、呑気なお話。

飲みに行きたい願望の現れか!?(歯と頭が痛くて、それどころでは)



転載した記事の最後には「現実の世界の中で、自分が苦しんでいることを親や友人達に直接、話したりすることが有効です。」とある。

苦しんではいないんだが・・・親に余計な心配を掛けたくないし、話すのも面倒なので(←溜め込みやすい性格)、一旦、ここで吐き出してみた。

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)
ちょ・・・
大丈夫?
吐き出したくなったら、MLへ・・・(笑)

これ、早い段階で言われていましたね。特に小さい子供。
繰り返し流される津波の映像で、PTSDになる可能性が・・・って。
特に小さい子供ね(←ここ、注意)
必要な情報は最小限入手して、画像は特に注意しましょうって。


私も、最初の土曜日は、このままではイカンと思って、必ず笑える番組『雨トーーーーク』(保存版)を見ましたよ。
でもその翌日には、そんな番組を見ている自分に罪悪感・・・

シマッタ!災害報道を繰り返し見すぎた!でも、気付いた時には遅かった。

今でもPCにへばりついて、ネットで地震関連のニュースを検索し続ける。
キケンだ・・・
大人でも、あれは衝撃的で、あれこれ心の病を発症しても不思議じゃないです。

TVとPCの電源を落として、読書でもしなければ。
・・・という今も、HNKの震災関連の番組を流しつつ、PCの前に貼り付いてます。
イケナイと分かっていてもそれが辞められないのは、心が病みかけている証拠か・・・

そういえば、神経が張り詰めてて眠りが浅いのか、仕事中いつも眠い。
それは毎日2時まで起きているせいなのか(笑)
いや、毎日2時まで起きているのは、ずーーーと前からじゃないか。

イカン、イカン、そろそろ生活を改めなければ、と言いつつ、
今日の夜の『朝まで生テレビ』で、復興なんたらって討論を、きっと朝まで見るだろう。
  • うーろん
  • URL
  • 2011.03.25
  • 編集
*うーろんさん
この辺で、毒も吐き出しておいた方がいいかも(ふふ)。

> これ、早い段階で言われていましたね。特に小さい子供。
> 繰り返し流される津波の映像で、PTSDになる可能性が・・・って。

早い段階で、そんな記事を斜め読みしていたんですけど、自分には関係ないと思っていました。
得意の斜め読みがアダに・・・。

> 私も、最初の土曜日は、このままではイカンと思って、必ず笑える番組『雨トーーーーク』(保存版)を見ましたよ。

私も主に、アメトーーク(保存版)を見ています。
他に、ものまね、細かすぎて伝わらないものまね、レッドカーペットとかも見ましたが、やっぱりアメトーークですね。

> シマッタ!災害報道を繰り返し見すぎた!でも、気付いた時には遅かった。

気付くのは早かったんですね(ぷっ)。

> 大人でも、あれは衝撃的で、あれこれ心の病を発症しても不思議じゃないです。

ふと思ったんですが、私の場合、映画を見ない事も原因のひとつなのかも。
CGを駆使したような、迫力ある映像を見慣れていない、というか。

> イケナイと分かっていてもそれが辞められないのは、心が病みかけている証拠か・・・

私もそうですが、他にする事が見つからないのかも。
体を動かすと良いらしいので、スポーツで発散してみては(←思春期の男子かよ)。
ゆっくり呼吸をしながらのストレッチは、いかがでしょう。
テレビを消して、ですよ。
部屋がシーーーンとしていると、余計な事を考えてしまうので、必ずリラックスできるBGMを。
周りに「地震酔い」というものになっている人が意外と多く、
みんな繊細だな…と思ってましたが、
被災者の映像やインタビューでいきなりドバーと泣く自分も、
けっこうやられてるのかも…?

>CGを駆使したような、迫力ある映像を見慣れていない、というか。

地震の前にイーストウッドの「ヒアアフター」で
CGの津波を見た時は「リアル!」と驚きましたが、
実際の津波の中継を見て「あれとは全然ちがう」と思いました。
映画は確かに臨場感もあって怖いけど、
ニュースの映像とは怖さの質が全くちがう…

ちなみに私は今日、巨人の足の指を必死でつねるも、
痛くもかゆくもない顔をされる夢を見ました。
大きな力に対する無力感、ってとこかなあ。
  • ナカイ
  • URL
  • 2011.03.27
  • 編集
*ナカイさん
私も、いきなり涙がこみ上げてきたりします。
それが普通の感覚なのかも、と思い始めてきました。
何のダメージも受けていない人って、いるんでしょうかね・・・。

イチかバチかで「ヒアアフター」予告編を見てみました。
津波の映像は一瞬でしたが、今見ると作り物っぽいですね。
こんな時にアレですが、「言いまつがい」の、クリント・イーストウッドを、クリントン・イットンウッドンと言ってしまう、というネタを思い出しました。

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。