プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼平まつり2010

100920鬼平10

今年の(私的)鬼平ブーム再燃のきっかけは、たぶん、この「朝日ビジュアルシリーズ 池波正太郎の世界」。

2009年12月3日発売の創刊号から、2010年7月8日発売の最終刊のうち、鬼平犯科帳の号だけを地道に買い続けていたんである。



5週間に1冊のペース・・・最後の方は、発売日が分からなくなって、買いそびれそうになった。

やはり鬼平の号は人気があるようで、大型書店を探し回ったが売り切れ。

商店街の小さな本屋さんの方が、確実に入手できた。



担当編集者等が披露する「作品の舞台裏」、原作のあらすじと登場人物の紹介、古地図で辿る「物語の舞台」、かつての役宅跡や池波正太郎お気に入りの飲食店等を巡る「文学散歩」、池波作品に登場する江戸料理のレシピ、その他エッセイやコラムも色々。



鬼平の号だけど、「剣客商売」「真田太平記」といった、他の池波作品にも触れられている。

中村吉右衛門版のドラマに出演した俳優のインタビューが、鬼平以外の号に載っていたりもしたので、今思うと、全部買えばよかったかも・・・。




*メーカーサイト>>朝日ビジュアルシリーズ 池波正太郎の世界朝日新聞出版



この「朝日ビジュアルシリーズ 池波正太郎の世界」を見たことで、やはり原作を読まねば、という気に。

そして今年2月の誕生日に、文庫版を買ったのであった(詳しくはこちらの記事をご参照のほど)。



100920鬼平14

原作を読み終えコミック版を読み返し、ひと息ついたところで発売されたのが「オール讀物 2010年06月号」。



100920鬼平11

池波正太郎没後20年という事で、鬼平犯科帳の大特集。

いやぁ・・・「お父さん達の本」だと思っていた、オール讀物を買う日が来ようとは。



100920鬼平12

鬼平の原点といわれる「看板」の他、逢坂 剛「平蔵の顔」、諸田玲子「最後の女」で甦る長谷川平蔵。

・・・やはり、池波正太郎の文章は読みやすい。



一番面白かったのは『徹底検証 鬼平「テレビ」の名台詞』。

中村吉右衛門版のドラマにおける、原作にはない創作された台詞・・・そこから「鬼平ワールドを創り出したもう一人の作家」脚本家達の功績を検証するというもの。

これを読んで、ますますドラマを見たくなってしまった。



1970年の『池波正太郎「食べ物日記」』も面白い。

その日の出来事と食事内容が書かれた、日記というかメモというか・・・料理の感想や蘊蓄などは書かれておらず、非常に簡潔。

食事内容を読み返すと、その日の出来事等を鮮明に思い出せたそうなので、料理の味や店の雰囲気など、いちいち書かなくても良かったのかも。



その他、石田衣良と山本一力が、極めつけのベストテンを熱く語り合う「鬼平十番勝負!」等々。

鬼平以外にも、名前は知っていたけど読んだ事のない作家(伊集院静とか馳星周とか夢枕獏とか、友人お気に入りの京極夏彦とか)の作品も多数。

なるほど、通勤のお供に良さそうだ・・・重いけど。



オール讀物 2010年 06月号 [雑誌]
*メーカーサイト>>オール讀物バックナンバー(文藝春秋)
*Amazon>>オール讀物 2010年 06月号 [雑誌]



オール讀物の『徹底検証 鬼平「テレビ」の名台詞』を読んだ事で、「ドラマ見たい欲」が高まったんだが・・・DVD-RAM→DVDレコーダー→DVD-Rというコピー作業に取りかかる勇気は湧いて来ず。



100715鬼平

面倒な事は後回しにして、中村吉右衛門版のTVサントラを購入したんだが・・・それによって、ますます「ドラマ見たい欲」が。

コピー作業はそのうち(いつだよ)と、ウダウダしていたところに朗報!



100920鬼平15

あのデアゴスティーニから、中村吉右衛門版の鬼平犯科帳DVDコレクションが!

全然知らなかったので、びっくり。

いや~、夢は叶うものなんですな(←ラクしたいだけなんでは)。



というわけで早速、創刊号を購入!(鼻息荒く)

詳しくは次記事で(デアゴスティ~ニ♪)。



<鬼平犯科帳の関連記事>
「鬼平犯科帳」読了
「鬼平犯科帳」二巡目
中村吉右衛門版「鬼平犯科帳」TVサントラ購入

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)
おお。買いましたか!
私は躊躇しております。
これ以,本を増やすと,床が抜ける(涙
電子ブックにならないかしら;;
*もあさん
何か買う時には、一旦ブレーキをかけるんですが、これは躊躇することなく買いましたっ!
電子ブックやネット配信・・・鬼平の視聴者層を考えると、夢のまた夢かも!?
個人的には、目が疲れそうなので、印刷物の方がありがたいです。
TVのCMを見た瞬間に
「でわさん、きっと買うな」と思ったんでした(笑)

私もかつて、デアゴスティーニの
「スターウォーズ・パーフェクト・ファイル」
を購入していましたよ。
発刊の段階では、全部で何巻になるのか「未定」で
途中で100巻まで行くらしいことがわかり
30巻(ヨーダのキャラ解説)まで購入しそこで断念。
100巻て、5万円だし、ムリ・・・orz

でわさん、是非全巻制覇して下さいね。
  • うーろん
  • URL
  • 2010.09.20
  • 編集
*うーろんさん
CMを見た瞬間「きっと買うと思われるな」と思いました。

計算してみたら、全52巻で92,080円になることが判明。
しかし隔週刊なので、来月以降は月々3,580円・・・その辺が罠というか。
全巻はともかく、第1シリーズ位は揃えたいと思います。

「週刊スタートレックファクトファイル」を買おうと思った事がありましたが、ピカード艦長のシリーズが好きなだけなので、やめました。
今見てみたら、第314号で完結したそうです。
手を出さなくて良かった・・・(ひゅ~)。

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。