プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワコールのフィットネス水着「アクアコンシャス」着用後の感想

100720水着1100720水着2

水中ウォーキング用に買った「アクアコンシャス」を13回着用したところで、感想をまとめておこう(写真は購入時)。

<購入時の記事はこちら>
ワコールのフィットネス水着「アクアコンシャス」<1>
ワコールのフィットネス水着「アクアコンシャス」<2>



まず、肩甲骨をスムーズに動かせるトップ「ショルダーフリー」から。



水中ウォーキング教室の中で、肩甲骨を動かす事が多かったんだが・・・動きがスムーズだったかどうか、正直よく分からない。

速い動きに付いて行くのが精一杯で、肩甲骨の動きを確認する余裕がなかったもんで・・・(とほほ)。

でも、水着がつっぱって動き辛い、などという事はなかった。



誤算だったのは、肩を冷やしたくなくて半袖にしたのに、逆に冷えやすいような気が。

雨に濡れた服を着替えずにいると寒い、みたいな。

1時間近く水に入っていたせいかもしれないので、これからは途中で採暖室に入るようにしたい。



しかし・・・セパレートの前開きで良かった。

濡れた水着を脱ぐのが大変だという事を、すっかり忘れていた。

私の関節は緩くて、Tシャツを脱ぎ着するだけで、肩を痛めたりするのである。



さらに「パッチンスル~」の便利さも実感。

プールの更衣室で着替えるのは約20年振りなんだが、年配の参加者が多いので、開けっ広げで着替えるのかな(銭湯をイメージ)・・・と思いきや、ラップタオル等使って、見えない様に気を遣っている人がほとんど。

という中で豪快に着替えるのも気がひけるので、私も、それなりに隠しながらという事に。

そんな時、ファスナーを開けても胸が丸出し(←誇張あり)にならない「パッチンスル~」は、本当に便利だなぁと。

妊婦用の水着にも付いているそうで、お腹周りが大きい人にも便利な機能なんでは。



カップの位置が、もうちょっと上でも・・・と思わなくもないが、下着のように寄せて上げなくてもいい類いのものだし、水中では胸が上がるし、それどころじゃないし・・・。



はさておき、次は、腰や筋肉をサポートして、膝への負担も軽減するボトム「エアステップ」の感想。



これも、腰や膝のサポート具合がよく分からない・・・比較対象がないもんで。

ハードな動きで、腰や膝が痛くなったりしたけれど、自分の体が原因だと思うし、他の水着だったら、もっと痛かったのかもしれないし・・・。

しかし、サポートされている、という安心感は大きい。



ただ、膝を高く上げると、膝の裏で水着がシワになって溜まるのが、ちょっと邪魔に感じるので、短い丈の方が動きやすいような気も。

あと、上手く履けていないのか、膝が痛くなる時があったので、慎重に膝の位置を合わせるようになった。



着替えるのが面倒なので、家から水着を着て行ってたんだが、さすがに暑くなってきたので、先週金曜の最終日はプールで着替える事に。

徒歩20分で、うっすら汗をかいたら・・・ものすごく履き辛い!

履き辛くて、さらに汗をかいてみたり。



濡れた水着を脱ぐのが大変なように、濡れた体で水着を着るのも大変なのであった。

・・・天花粉を用意した方がいいかも。

もしくは、これ1枚でプールまで・・・(←やりかねない)。



こちらの方は、プールから上がっても、それほど寒く感じない・・・脂肪のおかげ!?

しかし・・・脱ぎ辛い。

ふくらはぎから少しずつ下げて脱ぐなんて無理なので、裏返しになるように脱いでいる(最後は足踏み)。



脱ぐと、膝を中心に、水着のステッチの跡がクッキリと付いていて、あぁサポートされていたんだなぁ、と思ってみたり。

サポーターやテーピングのように、サポートされている実感はないけれど、着るだけで、知らず知らずのうちにサポートされて、動きやすい・・・動き辛くないって事は、動きやすいって事だもんなぁ。

今さらながら「アクアコンシャス」の特徴が分かったような。



プールに通う前は、区の教室だし、ご年配が多そうだから、こんな水着の人いないかも・・・と思っていたら、お洒落なフィットネス水着の人が多かった。

しかもワコールの水着率、高し。

年代的に、ネットやカタログ通販より、デパートで買う人が多いのかもしれない。



私と同じボトムを履いている人もいて、もう1枚、無地の黒いのも履いていた。

試着した時も思ったけど、やっぱりラインの入っている方が、スッキリして見えるなぁ。



や。

なんだかんだ言って、この水着、格好良い。

・・・今週からの自主トレに向けて、盛り上げてみた。



【ワコールウェブストア】公式オンラインショップ☆おかげさまで10周年!!記念イベント続々スタート♪
ワコール公式ショッピングサイト ウェブストア


<フィットネス水着の関連記事>
フィットネス水着が欲しい
気になるフィットネス水着

<水中ウォーキングの関連記事>
水中ウォーキング<1回休み>
水中ウォーキング<2回休み>
水中ウォーキング<3~13日目>

<ワコール製品の関連記事>
「スゴ衣」もっとあったかタイプ 足首丈のニットボトム
「スゴ衣」タイツか「ヒートテックタイツ」か?
写真で見る「スゴ衣」タイツと「ヒートテックタイツ」の違い

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。