プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<引越し回顧録>ブックオフオンライン「宅本便」の買取結果

春は引越しの季節。

というわけで、そのうちまとめようと思っていた、昨年夏の引越し関係のあれこれを振り返ってみる(気が向いた時に)。



まずは、予想以上の金額がついた、ブックオフオンラインのインターネット買取サービス「宅本便」から。



本・雑誌類の選別を始めたのは、引越し10日前

物持ちの良すぎる私が、それまでの荷造り作業によって、物を処分する事にためらいを感じなくなっていた頃だ。



「宅本便」を利用しようと思ったのは、荷造りに追われて時間に余裕がなかった事、処分したい本が多かった事、免許&車がなくて自力で古本屋に持ち込めなかった等々の理由で、だ。



中でも、集荷無料、値段のつかない本は引き取ってもらえる、という2点が大きな決め手に。

ちなみに「宅本便」の買取は30点以上からで、値段のつかなかった本は、送料負担で返却してもらうことも可能だ。



100312ブックオフ2

ハードカバーに文庫本、ムック本、コミック(コミック文庫・コンビニコミック含)等、様々な本が処分の対象に。

一応、買取基準に当てはまっているけれど、値段がつくかどうかは微妙・・・という本が多かったんだが、その筆頭は「月刊相撲」だ。

発行後5年以内で、付録が残っている物、という条件を満たしてはいるけれど・・・果たして。



100312ブックオフ

「宅本便」の利用は、まず会員登録をして、買取申込フォームに必要事項を入力。

申込受付が完了したら「買取確認票」を箱の数だけプリントアウト(プリンタがない場合は手書きでも可)。

本・CD等を詰めたダンボール箱それぞれに「買取確認票」を入れてフタを閉めたら、集荷を待つ。



しかし・・・案の定、本の入ったダンボール箱は重かった(うぅ)。

力のない人や、腰に不安のある人(どっちも私の事だが)は、箱詰めしてから運ぶより、玄関で箱詰めした方がいいかもしれない。



さて、申し込んだ190点(みかん箱5個分)のうち、値段がついたのは178点。



*本:54点=1,100円(1点あたり20.37円)

*コミック:78点=1,595円(1点あたり20.45円)

*雑誌:46点=2,392円(1点あたり52円)

しめて5,087円也。



1,000円もつけばいいかな・・・と思っていたので、びっくり&小躍り。

特に、ダメモトで送ってみた「月刊相撲」が、思わぬ高値買取!

付録(番付表とか)を残しておいて良かった・・・(嗚咽)。



・・・しかし、190点で1,000円って、どういう計算だったんだ!?



そして、引越しから7ヶ月。



本棚の設置は、そのうち(いつだよ)やろうと思っているんだが、早くも本が収まりきらない予感・・・。

なんで、こんな本を残したんだろう・・・と思ったりもしているので、また「宅本便」を利用する事がありそうだ。

次回は絶対、玄関で箱詰めする!(握り拳)



ブックオフオンライン
送料無料!
自宅にいながら本が売れる
ブックオフオンラインのインターネット買取

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)
そんなにいい金額になるの!
私も利用してみようかしら…。
でも置くスペースがある限りは手放しそうにもないなあ…。
どうしてこう本だらけなんだろう。
何年も読んでない本もあるのに。
20年以上前の週刊ゴングとか、やっぱり捨てていくべきなのか…。
友達は、要る記事だけスキャンしたらと言うけど、
作業を考えるだけで嫌になるわ。
ビデオのDVD化も、機械を買ったのにやる気にならない。

ところで、なんだか気になるコミックを買っていらしたようですわね。
  • ドクツルタケ
  • URL
  • 2010.03.15
  • 編集
*ドクツルタケさん
20年以上前の週ゴン・・・それは残しておいた方が!

何年か前にプロレス雑誌を大処分した時は、要るページだけ切り取ってファイルに入れました。
要るといっても、変な写真とかバカバカしいページばかりですが。
そんなバカプロレスファイルが約40冊・・・その気力と体力が、今あれば。

> ビデオのDVD化も、機械を買ったのにやる気にならない。

うははは、同士よ!
私ゃ大相撲関係以外のビデオのDVD化は諦めて、処分しちゃいましたよ。
古い全日本プロレス中継は、いくつか残してある(はずだ)けれど。

> ところで、なんだか気になるコミックを買っていらしたようですわね。

「プロレススーパースター列伝」の事かしら。
この写真を見るまで忘れていたぐらい思い入れがなかったので処分しちゃいましたけど、今考えると惜しい気が・・・。
私も、大量の本に悩まされながら生活しています。
が、捨てられません(笑)
雑誌だけは、資源ごみとして廃棄しますけど。

しかし、かえすがえすも、
13年前に引っ越した時、そのまま捨ててきた映画のパンフレット。
壊した家と一緒に捨てられたと思うのですが、
せめて古本屋に持っていけば、何がしかのお金になったと思うのに。
(それ以前に、捨てなきゃ良かった感でいっぱい・・・)

> ビデオのDVD化も、機械を買ったのにやる気にならない。
ここにも居ますよ~~~
だから、我が家には、古いビデオテープも、てんこもりです。
色々と片付かないったら・・・(苦笑)
  • うーろん
  • URL
  • 2010.03.17
  • 編集
*うーろんさん
置き場所がなければ、処分できるんですよねぇ。
思い切って、狭い部屋に引越しましょう!(ふふふ)
ブックオフオンラインのキヨハラです。

このたびは、宅本便をご利用いただきありがとうございます!
「高値買取」と言っていただき、とてもうれしいです♪
きっと、本を大切に扱ってくださっていたから高いお値段がついたのだと思います。

>箱詰めしてから運ぶより、玄関で箱詰めした方がいいかもしれない。

たしかにそうですね!
私も宅本便を利用したとき、箱詰め後に玄関まで運ぶことが大変だったことを思い出しました。
「宅本便を送るコツ」として、参考にさせていただきますね。
  • キヨハラ@ブックオフオンライン
  • URL
  • 2010.03.17
  • 編集
*キヨハラ@ブックオフオンラインさん
いらっしゃいませ。
スタッフの方からコメントをいただいて、驚き&感激です!

> 「高値買取」と言っていただき、とてもうれしいです♪

買取結果を見た時・・・興奮しました~(真矢みき風)。
本当にありがとうございました。

> 私も宅本便を利用したとき、箱詰め後に玄関まで運ぶことが大変だったことを思い出しました。

集荷にいらした宅配便の男性は、軽々と運んで行きましたけどね・・・。

スタッフブログ「宅本便梱包術」の、エイブルの箱の写真がツボです。
http://www.bookoff-online.jp/blog/archives/1936
玄関に辿り着くまでに箱が破れて、本が点々としているのが頭に浮かびました(ぷっ)。

次回は「キレイにして本を売ろう」を参考にさせていただきます!
このテクを知っていたら、値段がついた本があったかもしれませんねぇ。

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。