プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の仕事から~「鉄道で旅する北海道2010.冬号」

この度ご縁があって、雑誌「鉄道で旅する北海道2010.冬号」の5ページ分のデザインを担当させていただいた。

出版社の了解を得られたので、ちょっとご紹介。



巻頭の「TOPICS 1」は、部屋から鉄道が見えるホテルの特集。

JTBの「鉄宿プラン」というのが人気だそうで。

線路が近いホテルって、うるさそうで敬遠したいところだが、好きな人にはたまらないんだろうな。

・・・ちょっと、「タモリ倶楽部」の鉄道企画を思い出してみたり。

091223鉄道1



「TOPICS 2」は「北海道遺産 酒と食のスタンプラリー」と「さっぽろロマンティックパスポート2009」の紹介。

同業者にしか分からないかもしれないが、久しぶりに画像をTIFFで保存。

スタンプラリーのところに使うスタンプ画像(Illustrator)の色を変えようと思ったら、データが複雑すぎてワケが分からなかったので、TIFFにしてレイアウトデータの方で色を付けたのだった。

Photoshopに持って行ったついでに、スタンプを押してブレたような加工をしたんだが、刷り上がりを見たら全然分からないという残念な結果に・・・(とほほ)。

091223鉄道2



そして、今年映画化された「南極料理人」の作者・西村淳氏が、鉄道沿線の商店街を訪ねて、お酒に合う「旨いもん」を紹介するという新連載。

・・・原稿を見て、初めて「南極料理人」を知ったわけなんだが。

このページは原稿量が多くて、半ベソかきながらデザインした。

091223鉄道3



この他、メイン特集「札幌発、追憶の旅路」では、市電、函館本線、室蘭本線、札沼線の、駅や名所を紹介。

札沼線と函館本線は、子供の頃、親戚の家がある浦臼(うらうす)や滝川(たきかわ)へ行く時に利用していた路線なので、すごく懐かしい。

市電も、引越す前までよく利用していたんだが、何気なく目にしていた建物を改めて写真で見ると、なんだか新鮮。



他にも「鉄子がナビするひとり旅」や、廃線跡を訪ねる連載等が掲載されているんだが、ちょっとした旅行ガイドやタウンガイドのような感じで、鉄道に興味がなくても楽しめる雑誌になっている。

鉄道の写真は、撮り鉄の方達が撮影しているそうで、撮影ポイントで長時間粘らないと撮れないのでは・・・という写真もあって、パラパラと眺めているだけでも面白い。



あぁ、鉄道に乗って、ふらりとどこかへ行ってみたい・・・(現実逃避気味)。

現実問題としては、長時間座りっ放しだと、腰と膝が痛くなるので無理なんだが(とほほ)。



はさておき、雑誌の仕事は久しぶりだったけど、やっぱりページ物は面白いなぁ。

チラシを作るより好きかも。



鉄道で旅する北海道2010.冬号 [雑誌]
鉄道で旅する北海道2010.冬号 [雑誌]

関連商品
おんなひとりの鉄道旅 東日本編 (小学館文庫)
鉄道で旅する北海道 2009.秋号 [雑誌]
鉄道時間 9 (イカロス・ムック)
鉄道ファン 2009年 09月号 [雑誌]
鉄道で旅する北海道 2009年夏号[雑誌]
by G-Tools


<お仕事の関連記事>
「北海道JR系現役鉄道車両図鑑」発刊
最近の仕事から~「鉄道で旅する北海道2010.夏号」

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)
私は、うっすらと鉄子気味なので、
とても興味のある本です。
北海道を鉄道で旅するのが、
実はひそかな夢だったりもします。
時間がないとできませんからね。
関連商品のところに書かれている
「おんなひとりの鉄道旅」を買いそうな気がします。
余談ですが、私の住んでいるところにも市電は走っています。
最近はめっきり乗りませんけど、
学生時代は愛用していました。
  • うーろん
  • URL
  • 2009.12.24
  • 編集
*うーろんさん
> 北海道を鉄道で旅するのが、
> 実はひそかな夢だったりもします。
この雑誌を見たら、ますます旅したくなると思いますよ(ふふふ)。
「青春18きっぷ」で是非!

> 「おんなひとりの鉄道旅」を買いそうな気がします。
レビューを見ると面白そうですね。
鉄道の旅はいいですね、ビール飲めるし(結局酒かよ)。

家が線路に近いので、列車を見る機会が増えたんですが、今の季節、雪けむりを上げながら走る列車もいいなぁと思いました。

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。