プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新居の内覧に行ってきた<その2>

新居の内覧に行ってきた<その1>の続き



9年前の引越しでは、住宅情報誌を買ったり、不動産会社に出向いてから希望条件を伝えたりしたんだが、今回は内覧までの行程をネットで済ませることができた。

時代は変わっているんである(人並みになっただけでは)。



が、物件は実際に見てみないと分からない、というのは昔も今も一緒だ。



今回希望していたのは、30平方メートル以上の1DKか1Rで、管理費等込4.0~4.5万円という物件。

それと灯油暖房(ガス暖房は料金が高い)、2階以上(外の物音が気になる)、バルコニー(キャメル敷布団を干したい)、ペット不可(犬の鳴き声に悩まされた経験あり)といったところ。



不動産会社から送っていただいた物件資料(PDF)を検討して11軒に絞り、そのうち、当日まで契約されていなかった9軒を内覧したわけなんだが、ある程度広くて家賃が安い物件というのは、総じて築年が古い。

それでも、リフォームされてキレイならいいや、と思っていた。

実際、壁や床を貼り替えたキレイな部屋もあったんだが・・・水回りの設備は昔のままだったり。



私というのは神経質な人間らしく、水回りの不潔さにストレスを感じてしまうんである。

と言いつつ、マメに水回りを掃除するわけではないんだが(だからこちらの記事のような事態に)。

・・・自分で汚くしたのは大丈夫なんで(てへっ)。



そして、内覧ツアーも中盤に差しかかり、物件資料を見た時点で一番気になっていた部屋へ行った時のこと。



バルコニーに出て周囲を見回していたら、路地を挟んだ向かいのマンションの、同じ階のバルコニーに、男性が携帯で話しながら出てきた。

上半身裸だったんだが、その肩に、ドラマや映画でしか見たことがないような装飾が・・・。

近頃の若者が施しているようなのではなく、昔ながらの和風な・・・。



大抵のことには動じない私だが、さすがにビビった。

あんなドンピシャのタイミングで登場って・・・。



新居の内覧って大事だと、本っっっ当に思った。



などという、ストレス&恐怖を感じそうな物件を消去していって、部屋を決めた。

家賃は希望より高いが、築年が浅くて眺めの良い部屋だ。

が、今の部屋より狭くて収納スペースが小さいので、荷物の半分位を処分しないと住めないんでは・・・。



やはり自分で荷造りするしか・・・(うつろな目)。



これから管理会社の審査があるので、新居に決定したわけではないんだが、明日採寸に行けることになった。

・・・また体中痛くなるんでは。




利用者数180万人突破!実績NO.1《 ズバット引越し比較 》

<引越しの関連記事>
お引越し
台車が欲しい
やっぱり台車が欲しい

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。