プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スゴ衣」タイツか「ヒートテックタイツ」か?

昨年11月からのアクセス解析を見ると、「スゴ衣」「ヒートテック」で検索して、このブログに辿り着く人が増えている。

中には「スゴ衣かヒートテックか」という、迫り来るような検索キーワードも。



は、はぁ(気圧されつつ)・・・。



両方のタイツを履いてみたけれど、「で、結局どっちがいいのよ」と聞かれると、一概には言えないものがある。

やはり、それぞれに長所短所があるからだ。



私の生活環境や行動パターンからすると、ジーンズ等の下に履くなら「ヒートテックタイツ」が向いている。

「スゴ衣」タイツより「ヒートテックタイツ」の方が摩擦が少なく、全体にフィット感があって、足首もピッタリしているので、ジーンズの中でタイツがねじれたり、上がってきたりしない。



しかし最近の私は、ほとんどの時間をユニクロの「エアテックパンツ」で過ごしている(ラクすぎて危険)。

「エアテックパンツ」は、内側がフリースでも起毛でもなく、ポリエステル100%なので、多少摩擦のある「スゴ衣」タイツでも問題なし。



「スゴ衣」タイツ(ベーシックタイプ)も「ヒートテックタイツ」も温かさは大差ないので、それなら肌触りの良い方を履きたいのが人情ってもの。



だから「スゴ衣」タイツの出番が増えているのだ。



そして、仕事で座りっ放しの時には「ヒートテックタイツ」でも「スゴ衣」タイツ(ベーシックタイプ)でも寒いので、「スゴ衣」タイツ(もっとあったかタイプ)じゃないとダメ・・・。

・・・結局のところ、時と場合に応じて履き分けているのだった。



「じゃぁ、どっちが好きなの?」と聞かれたら、断然「スゴ衣」なんだが。



次記事で「スゴ衣」タイツと「ヒートテックタイツ」の違いを写真で紹介しているので、ご参照のほど。



*メーカーサイト>>スゴ衣(ワコール)、ユニクロ

<スゴ衣の関連記事>
ワコール「スゴ衣」はらまき、追加購入
「スゴ衣」ベーシックタイプ(シンプル)足首丈のニットボトム
「スゴ衣」もっとあったかタイプ 足首丈のニットボトム

<ユニクロ、ヒートテックの関連記事>
ユニクロ「ヒートテックタイツ」を買ってみた
毛玉だらけ! ユニクロ「マイクロフリースセット」
ユニクロ人気アイテムをブッタ斬り「MONOQLO」2010年3月号

<ワコール製品の関連記事>
ガードル丈で選んだら、ワコール「クロスウォーカー」だった
ワコールのフィットネス水着「アクアコンシャス」<1>
ワコールのフィットネス水着「アクアコンシャス」<2>

<あったかグッズの関連記事>
「窓際あったかボード」を置いてみた
桐灰「足の冷えない不思議なくつ下」シーズン3
桐灰「足の冷えない不思議なスリッパ」買って良かった!

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)

TRACK BACK

スゴ衣 についてブログの検索結果をまとめると…
  • 最新キーワードチェック!
  • 2009.01.16(Fri)

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。