プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無印良品「スチームファン式加湿器(R-ML2)」シーズン2

最近のアクセス解析を見ると「無印良品」「加湿器」という検索ワードが多いので、「スチームファン式加湿器(R-ML2 )」の使用感等をまとめようと思ったら、無印良品ネットストアでの取扱が、いつの間にか終了していた・・・(がび~ん)。

そろそろ次の機種が出るんだろうか・・・R-ML3とか。

でもまぁ、せっかく写真も撮ったので、まとめておこう。

081124加湿1 081124加湿2b

無印良品の加湿器は、以前のブック型から使っているんだが、このR-ML2は、光沢のある材質で高級感があり、全体のフォルムも美しい。

操作スイッチ類のシンプルさも、無印良品ならでは。
こういう「引き算」でデザインされた物が、大好きなんである。

でも「±0(プラスマイナスゼロ)」や「チムニー」には惹かれなかったり。
実際に置いたら邪魔そう、っていうのもあるんだが。

081124加湿3 081124加湿4

見よ! この潔い側面を。

しかし、背面に貼られた注意書きのシールに、ちょっとがっかり・・・。
普段見えない場所なので、剥がさずそのままにしてあるけど。



それでは(コホン)本体の細部を見ていこう。



081124加湿9 081124加湿10

ブック型加湿器は、電源コードが本体から外せなかったんだが、このR-ML2は「マグネットプラグ」なので、取り外し可能。

これで随分、手入れをしやすくなった(してないけど)。
それに、誤ってコードに足をひっかけても、本体が倒れにくいはずだ。

081124加湿15

さらに、本体の底に「転倒OFFスイッチ」があり、本体が浮いたり倒れたりした時には、通電を停止してくれるそうだ。

081124加湿5 081124加湿6

一番下の「電源スイッチ」を押してしばらくすると、スチームが出始める。

運転設定は「強」と「弱」。
左の写真、緑のランプが2つ点灯した状態が「強」。

「強」は1時間に約400ml、「弱」は約200mlのスチームが出るそう。
大体「強」で5時間、「弱」だと10時間程でタンクの水がなくなる。

081124加湿7 081124加湿8

電源スイッチを入れると、自動的に「強」になるんだが(左の写真)、ウチの場合「強」だと結露がひどいので、いつも「弱」運転だ。

電源スイッチは、押した時に「パッチン」と手応えがあるんだが、運転設定スイッチは、今ひとつ押し応えがないので「押したつもり」でいる事が多い。

081124加湿13 081124加湿14

ブック型にはなかった「アロマユニット」が、スチーム噴出口に付いている。

アロマオイルというか、香りを楽しむ習慣がないので、一度試してみただけ。

感想は「うーん・・・別に」という感じ。

081124加湿11 081124加湿12

タンクの水量が見える窓は・・・正直、あまりよく見えない。

「給水ランプ」が赤く点滅して、給水を知らせてくれるんだが、運転音がしなくなってから、初めて気付く事が多かったり。

確かブック型は、水がなくなると自動的に電源OFFになったはずだけど、R-ML2にもそういう機能が欲しかった・・・。



無印良品ネットストアを徘徊していて思ったんだが、「スチームファン式アロマ加湿器(STH-MJ400)」が後継機種なんだろうか。

スチームファン式だし、アロマオイルを楽しめるところも同じだ。

でも、先日店頭で見た時「イマイチだなぁ」と思っていたのだった。
蒸気口に取り付けるアタッチメントがどうも・・・。

レビュー記事を見ると、こちらの方がパーツは少なそうだけど。



今度お店に行ったら、本体内部を見てみよう・・・挙動不審な客と化して。



<加湿器の関連記事>
手入れしないとこうなる!無印良品スチームファン式加湿器<2>
無印商品「後ろから着ける天竺編みイヤーマフ」やっと買った
無印良品「スチームファン式加湿器」クリーニングフィルター注文

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)
無印のデザインが大好きで、ちょっと目にとまり寄らせていただきました。
商品のリポートがあると助かります。これからもいろいろリポートしてください。加湿器3台も所有されているのですか。よかったら古いの譲ってほしいなあと思ったところでした。
*bossabosaさん
いらっしゃいませ。

3台持っているのではなくて、こちらの機種が3台目になります。
3代目と言うべきでしょうか。
マメに手入れをしないもので、水アカがこびりついてどうしようもなくなったら買い換え時、という感じなんですが、現在販売されている加湿器のデザインがイマイチなので、なるべく長持ちさせようとしているところです。

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。