プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンアスパラの根元の漬物

080717アスパラ1

5月の話になるが、お取引先・Nさんからグリーンアスパラのお裾分けが。

一緒に、出荷する時に切り落とされた硬い部分も、二掴みほどいただいた。

アスパラを調理する時に硬い根元を落とすが、それより更に下の部分だ。



アスパラ農家では、この部分を漬物等にして食べているそうで、だいたいの作り方を伺って、自己流で作ってみた。

ちなみに、漬物を漬けたことは一度もない。



080717アスパラ2

まず、皮を厚めに剥いて、柔らかい部分だけを残す。

080717アスパラ3

どこまで剥けばいいんだろう・・・と思っていたが、包丁の感触で、硬い部分と柔らかい部分の差が分かるものだ。

080717アスパラ4

剥き終わったところ。皮の方(右)が多い・・・。



Nさんのお話では、めんつゆにみりんを加えた汁に漬ける、とのことだが、失敗したら悲しすぎるので、3種類の汁に漬け込んでみた。

080717アスパラ5b

左から、黒酢入りの「キャベツのうまたれ」
酸っぱい物が苦手な私が、何にでもかけてしまう位お気に入りの一品だ。

中央は、めんつゆ100%。
濃縮タイプを薄めず、そのままで。

右は、めんつゆにみりんを加えて、なんとなく鷹の爪も入れてみた。

3つとも汁が多すぎだ・・・。

080717アスパラ6

4時間ほど漬けたところで味見(並びは上の写真と同じ)。
生のまま漬けて硬くないのか不安だったが、全然大丈夫だった。

期待していた「キャベツのうまたれ」は、酸っぱすぎてムセた・・・。
めんつゆ100%は、しょっぱすぎ。

めんつゆ+みりん+鷹の爪が一番美味しかったかな・・・この中では。
3つとも、ちょっと水を加えれば良かったかも。



・・・そもそも初めての漬物なんだから、普通に「浅漬けの素」とかで作れば良かったのでは?



細いアスパラだと、皮を剥いたら何も残らないので、2L位の立派なアスパラが手に入ったら、作ってみてはいかが?

・・・この記事を反面教師に。



<Nさんのおすそわけの関連記事>
ピリ辛ごぼう風味が後を引く「狸のしっぽ」
釧路・平林商店「さばの酵素漬」
カネサン厚岸冷蔵「さんま甘酢漬け」

COMMENT

名前
メールアドレス
URL
コメント本文
パスワード  *
非公開コメント (管理者にだけ表示)

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。