プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頬のシミが薄くなってきた!

「歳、とったなぁ・・・」初めてそう実感したのは、頬に、大きなシミが出来ているのを発見した時だった。

その時の、驚き&落胆といったら・・・。



慌てて日焼け対策をするようになったんだが、若い頃の自転車通勤などの蓄積もあってか、シミは増える一方。

何もしないよりマシだろうと、美白美容液を使っていたんだが、特に効果が感じられないまま何年経ったろう・・・(遠い目)。



それでも、確か去年「そういえば、輪郭が少し薄くなったような・・・」と思ったんだが、それからまたしばらく変化は見られず「もう、消えないのかも・・・」と、諦めの境地に。



・・・しかし、つい先日。



「あれ・・・? 薄くなってる!?」

もう「消えかかっている」と言ってもいい程に!



100415綺羅1

消えないと思っていたので、元の状態は撮影していないんだが・・・円で囲んだ所に、クッキリとシミがあったんである。

いやぁ、びっくり!

何でまた急に!?(鏡を見なさ過ぎ、というのを差し引いても)



さて、どうやってこのシミを薄くしたか、だ。



100415綺羅3

洗顔後、まず美白美容液をシミに叩き込む(指先で軽く)。

パックの後だと、より効果的らしい。



100415綺羅2

私が使っているのは、綺羅化粧品の「エイジフリーエッセンス」。

甘草フラボノイド、タチバナ果皮エキス、ゲットウ葉エキス、アーモンドエキス等の植物抽出成分、β-グルカン、バルミチン酸レチノール、SOD等の配合により、肌をすこやかに保ちながら、はりとツヤを与えます。(パンフレットより)




綺羅化粧品といっても、あまりお馴染みじゃないかもしれないが、創業は1969年。

肌への安全性を第一に考え、天然・自然の原料を中心に、肌への負担が少ない化粧品原料を厳選しているそうだ。



製品化の前にはアレルギーテスト、ノンコメドジェニックテストを実施。

ノンコメドジェニックテスト済み=ニキビができる可能性が低い、という事なんだが・・・私の場合、普通に出来る(うぅ)。

ホルモンバランスが乱れているらしいので、そのせいかもしれない。



綺羅化粧品を使い始めてから20年以上経つんだが、一番気に入っている点は、無香料というところ。

化粧品の匂いが、どうにも苦手なので(参観日は地獄)、ストレスを感じなくて済む。



ちなみに「エイジフリーエッセンス」は発売当初から使っているんだが、それがいつだったか・・・。


*メーカーサイト>>綺羅化粧品
楽天市場で「エイジフリーエッセンス」を探す
Yahoo!ショッピングで「エイジフリーエッセンス」を探す



100415綺羅6

紫外線対策としては、肌を整えた後に、SPF30・PA++の化粧下地「ホワイトUVクリーム」を塗っておく。

外出する時は「スポットコンシーラー」でシミをカバーして、SPF15・PA++の粉おしろい「キラフェイスパウダーEX」をさっと塗る。



シミを増やさないように、春から秋は日傘を使用。

自転車に乗る時は、Tゾーンと頬の高い部分に「スポットコンシーラー」を厚めに塗って「キラフェイスパウダーEX」、さらに固形の「プレストパウダー」を重ね塗り。

やれる事は全部やっておけ! という感じだ。




楽天市場で「ホワイトUVクリーム」を探す
Yahoo!ショッピングで「ホワイトUVクリーム」を探す


楽天市場で「スポットコンシーラー」を探す
Yahoo!ショッピングで「スポットコンシーラー」を探す


楽天市場で「フェイスパウダーEX」を探す
Yahoo!ショッピングで「フェイスパウダーEX」を探す


楽天市場で「プレストパウダーEX」を探す
Yahoo!ショッピングで「プレストパウダーEX」を探す



100415綺羅7

綺羅化粧品のパウダーは、スキンケアの延長として開発されたもので、肌を塗り隠すのではなく、皮膚呼吸を妨げずに、透明感を感じさせるメイクを可能にするそうだ。

透明シリカコーティングされた「スーパーファインカラーパウダー」が自然な発色を持続させ、同じく透明シリカコーティングされた「クリアホワイトパウダー」の光散乱効果で、肌のキメをきれいに見せつつ紫外線から守り、「汗・皮脂吸収パウダー」が化粧崩れしにくくする・・・。

今までなんとなく使っていたんだが、そんな効果があったとは!



100415綺羅4

ちなみに、綺羅化粧品の洗顔料「キラダブルクリーン」はジェル状。

泡で洗顔しなくても、特に問題はないのであった。


楽天市場で「ダブルクリーン」を探す
Yahoo!ショッピングで「ダブルクリーン」を探す



・・・といった地道なケアに加えて、昨年夏に実家へ引越して以来、栄養状態が良くなった事も、シミが薄くなった原因のひとつなのでは。

栄養状態が良いというのは、バランスの良い食事が摂れるようになった、という事だ。



一人暮らしの頃に比べると、割と規則正しい生活もできるように。

これに適度な運動が加われば、代謝も良くなって、シミが消え失せるかも・・・と期待。



期待して鏡を頻繁に見ると、シミの状態は一向に変わらなかったりするんだが。



ちなみに、化粧品の広告等でよく見かける、この手の写真。

Adobe Photoshopといった画像処理ソフトで、簡単に加工できる。

100415綺羅8 100415綺羅5b
(注:画像処理で美白&シミを消しています)



仕事上、顔写真を修正(赤目とか、歯の詰め物の光を消すとか、頭髪をさりげなく増やすとか)する時は、面倒だと思っても事務的に処理できる。

しかし・・・自分の顔のシミを消す作業って、面倒な上に「どうして若い頃から日焼け対策をしなかったんだ!」などという憤りを感じて、疲労度倍増なのであった(とほほ)。



<追記>

そういえば20代の頃は、寝る前に顔を洗っていなかった。

うぅ~、その頃からちゃんと手入れしていれば!(憤り再び)



*メーカーサイト>>綺羅化粧品
スポンサーサイト

遠近両用コンタクト「デイリーズ プログレッシブ」お試し中

約四半世紀、近視用のハードコンタクトを使ってきた。

自宅で仕事をするようになった10年ほど前からは、度の弱い眼鏡をメインに時々コンタクト。

昨年RGK(老眼鏡の意)を作ってから、コンタクトは、年に数回かしか使わなくなってしまった。



加齢とともに涙の量が減って、装着が辛くなったんである(とほほ)。



昨年の暮れには、コンタクトで眼球に傷をつけてしまい、眼科で診てもらったところ、レンズが合わなくなっていると使用禁止令が。

度数ではなく、レンズのカーブが歪んで合わなくなっていたらしい。

道理でゴロゴロすると思った・・・10年近く使っていたからな(←眼科医の失笑を買ってみたり)。



新しいコンタクトを作るかどうかは、そのうち(いつだよ)考える事にして、半年ほど眼鏡で過ごしてきたんだが・・・「ここはコンタクトの方が都合がいいな」という時があるのだった。

この秋の、甥っ子の結婚式&披露宴に、眼鏡で出席したくないな・・・という女心にも後押しされて、新しいコンタクトを作る事に。



老眼の場合、遠近両用コンタクトを使用するか、近視用コンタクトと手元用の眼鏡を併用する、といった選択肢があるんだが、今回は、以前から気になっていた遠近両用コンタクトにしてみようかと。



遠近両用コンタクトにも、ソフトとハードがある。

扱い慣れたハードにしたかったんだが、両眼で5万円オーバー、それに、今は2年ほどで新しいレンズと交換するそうで(←昔もそうだったんでは?)、こちらは無理かな。

しかしソフトも、5~6年前に一度作ろうとして何回か試したんだが、どうにも目が乾いて、購入は断念したのだった。



その当時より、さらに涙の量が減っていると思われる2010年。

今回は購入に至るだろうか。



100710コンタクト

眼科で度数を合わせて、お試し用にいただいたのは、チバビジョンの「デイリーズ プログレッシブ」。

世界初(2001年6月当時)の遠近両用1日使い捨てコンタクトレンズだ。



・・・やっぱり、ソフトコンタクトを外すのって恐い。

目に指を入れるのがどうも(うぅ)・・・1回じゃレンズをつまめないし(うぅ)。

などという技量の問題はさておき、肝心なのは見え方だ。



度数を合わせる時に言われたんだが・・・遠くも近くもハッキリ見える物ではないらしい。

遠くも近くも「それなりに」よく見える。

しかし、遠くをハッキリ見えるように度数を合わせると近くが見えず、近くを見えるようにすると遠くが見えない。



RGK(老眼鏡の意)は1枚のレンズに、遠くがよく見える部分や、近くがよく見える部分があるけれど、コンタクトレンズの場合、そういう風にできないもんなぁ・・・。



お試しレンズを5回分いだたいて、2回試してみたところなんだが・・・やっぱり目が乾く。

目薬をさしても、3~4時間が限度かもしれない(うぅ)。



昨日、日ハムvsオリックスを観戦に行ったので、ついでにRGK(老眼鏡の意)と遠近両用コンタクトの、見え方の違いを確認してきた。



遠くの見え方は、RGK(老眼鏡の意)より度数が強いコンタクトの方が、多少よく見える。

しかし、近視用ハードに比べると見え方が物足りない。

度数が違うのもあるが、ソフトよりハードの方が、見え方がクッキリしているそうなので、ボンヤリ感じるのかも・・・。



そして手元は・・・コンタクトでは辛い、辛すぎる。

目から30センチ離したチケットが、ボヤけてよく見えなかった。

裏面の細かい注意事項は、文字かどうかも判別できず・・・(うぅ)。



遠くはもっと見たいけど、度数をこれ以上遠く寄りにすると、手元が全然見えなくなりそうだ。



・・・うぅむ。



そうなると、近視用コンタクトにして、手元用眼鏡を併用するのが良いような気も。

でも3~4時間しか使えないのに、そこまでする必要が?

コンタクトを外した後に使うRGK(老眼鏡の意)も、持ち歩かなきゃいけなくなるし。



・・・残りのお試しレンズを使ってみて、また考えるとするか。



*メーカーサイト>>デイリーズ プログレッシブチバビジョン

<眼鏡・コンタクトの関連記事>
スポルディングの度付スイミングゴーグル
初めての老眼鏡<1>
初めての老眼鏡<2>

初めての老眼鏡<1>

30代中頃からその兆候はあったんだが・・・今や、押しも押されもしない老眼である。



老眼・・・老眼・・・老眼・・・老眼・・・。

現実を受け止めるのに時間がかかり、長らく放置していたんだが、仕事に支障が出始めたので、昨年4月、RGK(老眼鏡の意、以下同)のお世話になる事を決意したのであった。



以前、近視用眼鏡を作った時に、6万円近くかかってしまったので、今回は、比較的安価なチェーン店を利用しようかと思ったんだが、検索してみると、対応や技術に不安要素がありすぎ・・・。

初めてのRGKで分からない事だらけだし、ここはやはり「普通に」作ろうという事で、まず眼科へ。

眼鏡やコンタクトを作る時、まず眼科へ行くのが、私にとっての普通なんである。



私の通っている眼科では、まず機械で屈折検査や眼圧測定をする。

屈折検査(気球の画像が見えるやつ)では、近視や乱視の程度が分かるらしく、眼鏡店で度付ゴーグルを作った時は、この屈折検査のデータを元にしたのであった。

ちなみに眼圧測定では、眼に空気を当てられるので、毎回ビクッとしてしまうんだが、密かに楽しみにしていたり。



次に眼科医の問診と、眼球のチェックなど。

単に眼鏡の度数を合わせるだけじゃなく、眼の状態も見てもらえるので安心感が。



老眼用のレンズには色々な種類があるんだが、私の場合、裸眼で0.1未満という近視なので、遠近や中近といった、遠くも近くも見られるレンズを薦められた。

車の運転はしないし、仕事で使うのがメインなので、パソコンと手元、室内が良く見える中近レンズを作る事に。



それから視力を測って、度数を決める。

遠くは通常の視力検査表、手元は、色々な大きさの細かい文字が印刷された本を、目から30センチほど離して見え方を決めていく。

その後、手元用の度数にした検査用の眼鏡(トライアルフレームと言うらしい)で、しばらく雑誌を読んで見え方を確認。



特に問題はなさそうなので、処方箋を書いてもらって、眼鏡店へ。

以前眼鏡を作ったお店に行こうと思っていたんだが、眼科で紹介された「丸善メガネサロン札幌店」で作ってみることに。



札幌中心部のビルの3階にあるんだが、同じフロアにヤマハの音楽教室(大人向け)があるだけなので、用事のある人しか行かない、冷やかしで入れないような雰囲気だ。

まぁ、中心部とは思えないほど静かなおかげで、落ち着いて眼鏡選びができたんだが。



担当してくださったのは、たぶん60歳位の男性店員。

RGKとは無縁の若い店員さんよりも、経験に基づいたアドバイスが得られるんでは。



と、ひと安心したところで、フレーム選び。

数が多いので、まずは予算を決めて、その中から選ぶ事にしたんだが、それでも結構な種類が。

意外とお手頃な価格帯が充実していた。



今風の細~いフレームに挑戦してみたかったんだが、1枚のレンズで遠くも近くも見る遠近・中近レンズの場合、ある程度の天地が必要らしい。

手元用の近々レンズだったら、細~いのでも作れるんだろうなぁ(東国原知事が掛けているような)。



色々試着して、やっと2~3本に絞ったところで、店員さんが「あ、シニアグラスのセットもありました!」と。

フレームとレンズがセットになった、お得なのがあったんである。



結局、そのセットの中から選んだのであった。

・・・もぅ。



次記事へ続く



<眼鏡・コンタクトの関連記事>
スポルディングの度付スイミングゴーグル
遠近両用コンタクト「デイリーズ プログレッシブ」お試し中
初めての老眼鏡<2>

初めての老眼鏡<2>

前記事の続き



初めてのRGK(老眼鏡の意、以下同)に選んだフレームは、こちら。

100712RGK2

Timberland(ティンバーランド)」という、アウトドアグッズやブーツ、アパレルで有名なメーカーのものらしい。

つる(テンプル先)のオレンジ色が洒落ているけれど、外側は黒なので、あまり意味が・・・。



レンズの天地は約3センチ。

これ位が、遠近・中近フレームの限界だと聞いたような。



次に、レンズの種類などを決める。

セットもので選択肢が少ないので、TOKAIエブリHXに、割とすんなり決まった(はず)。

初めてのRGKで、決めた度数に自信がなく、すぐ交換する事になったら勿体ないので、レンズを薄くするのはやめた。



しめて税込35,000円。

引き渡し後1カ月間位のレンズ交換(度数の変更)は、無料とのこと。



1週間後に出来上がったんだが、1枚のレンズで遠くも近くも見るという事で、フィッティングが念入りだった。

瞳孔が、レンズのしかるべき位置にないと、上手く見えないものらしい。



・・・結構、デリケートなんだな。



フィッティングの後、遠くと手元を見る時のコツなどを教えてもらった。

遠くを見る時はレンズの上の方、手元はレンズの下の方・・・なるほど、それぞれがよく見える様になっている。

見え辛い時は、顔の角度を変えると、よく見えたりする。



他に手入れの仕方なども聞いて、なんだかんだで1時間ほどかかって、引き渡し。

3カ月ごとのフレーム調整も薦められた。

面倒な気もするが、念入りに瞳孔の位置を合わせた位だから、マメに調整していった方が良さそうだ。



余談だが、仕事で顔写真を扱う事が多いんだけど、歪んだ眼鏡を掛けている人が結構いて、ひとこと言いたくなってしまうのだった。

本人は気付いていないんだろうなぁ・・・。



・・・そんなこんなで、RGKを使い始めて1年5カ月。

遠くはレンズの上、手元は下とか、特に意識しなくても過ごせている。

室内用の中近レンズだというのを忘れて、普通に外出しているわけなんだが・・・階段を降りる時、足元が多少歪んで見えるのが恐い。



引越し後に本棚を整理していた時、スチール製のブックエンドがレンズに当たって、傷を付けてしまったので(おかげで顔は無事)、眼鏡店へ相談に行った事も。

保証期間内のレンズ交換は、半額の半額(確か7,500円)で可能だったんだが、幸いレンズの端の方だから問題はなさそうというので、そのまま使っている。



しかし、引越して生活環境が変わったら、遠くの見え方が物足りなくなったような・・・。

レンズを交換するとしても、先日来試している遠近両用コンタクトとは違って、遠くの度数を上げても手元の見え方に支障はないはずなので、度数を決めるのに、あまり悩まなくて良さそうだけど。



にしても・・・歳を取ると、色々大変なんですな(タメイキ)。



<眼鏡・コンタクトの関連記事>
スポルディングの度付スイミングゴーグル
遠近両用コンタクト「デイリーズ プログレッシブ」お試し中
初めての老眼鏡<1>

遠近両用コンタクト「エア オプティクス」お試し中

6月に眼科で処方してもらった、遠近両用の1日使い捨てソフトコンタクト「デイリーズ プログレッシブ」を3回試用したところ(詳しくはこちらの記事をご参照のほど)。



悩みに悩んで度数を決めたんだが、実生活で使ってみると、見え方が気持ち悪いと言うか・・・物が二重に見えるのであった。

スイミングゴーグルの度数を自分で決めた時のように、明らかに合っていない感じ(詳しくはこちらの記事をご参照のほど)。



試用レンズは、あと2回分残っているんだが、目薬もなくなってきたので、眼科へ行くついでに度数を変更する事にした。

3回試用してみて、手元より遠くをハッキリ見たい、という気持ちが強くなったので、今回は遠くをメインにした度数に。



私の目は右の方が悪いんだが、試用レンズの度数は、左右とも-6.0。

スイミングゴーグルは、左-6.0、右-7.0で快適に見えるので、右が-6.0では度数が足りないんだと思う。

という事で、右だけ、手元も遠くも二重に見えないような度数に上げた。



しかし、2010年8月現在「デイリーズ プログレッシブ」には、-6.25以上のレンズがないのであった。

眼科医は「そのうち発売されると思いますよ」と言っていたが、そのうちっていつだよ!(←お前が言うな)



というわけで、とりあえずは見え方を確認するため、2週間交換の終日装用ソフトコンタクト「エア オプティクス」を試用してみる事に。

消毒液と洗浄液、携帯ケースもお持ち帰り(液体2本は何気に重い)。



使い捨てじゃないという事は、手入れが必要という事なんだが、昔のように煮沸消毒しなくても良いので、思ったよりラクそうだ。

消毒液を毎日交換するのは、忘れそうだけど・・・。

にしても、毎日交換したら、すぐに新しい消毒液を買う事になるんでは。



「デイリーズ プログレッシブ」-6.25以上の発売を待つべきか・・・。

でもこの「エア オプティクス」、装着感は「デイリーズ プログレッシブ」よりラクかも!

レンズが目に貼り付くような、苦しい感じが、あまりしない。



私の場合、涙の量が少ない事もあって、「デイリーズ プログレッシブ」装着後、2時間位で苦しくなり始めるんだが、「エア オプティクス」は6時間装着しても平気だった。



パンフレットには『次世代素材「シリコーンハイドロゲル」の採用により、従来の遠近両用ソフトコンタクトレンズに比べて5倍の酸素透過率を実現(当社比)』と書かれている。

反面、シリコン素材は、指の脂や化粧品等の汚れが付きやすく、通常の消毒では汚れが取れにくいので、こすり洗いもした方が良いそうだ(それで洗浄液を持たされた)。



今回はレンズ1組だけなので、2週間のうちに何度かお試ししなければ。

しかし・・・相変わらず、レンズを外すのが恐い(うぅ)。



*メーカーサイト>>エア オプティクスデイリーズ プログレッシブチバビジョン

<眼鏡・コンタクトの関連記事>
遠近両用コンタクト「デイリーズ プログレッシブ」お試し中
初めての老眼鏡<1>
初めての老眼鏡<2>

初めての遠近両用コンタクトは「エア オプティクス」に決定

5カ月ほど前から、2種類の遠近両用コンタクトを試用。

<試用時の記事はこちら>
遠近両用コンタクト「デイリーズ プログレッシブ」お試し中
遠近両用コンタクト「エア オプティクス」お試し中



それぞれ3回ほど試用して感じた、私にとっての良い点(○)とイマイチな点(×)は・・・

「デイリーズ プログレッシブ」
○1日使い捨て→ケア不要、使いたい時だけ使える
×度数の合うレンズがない
×目が乾く

「エア オプティクス」
×2週間使い捨て→ケア用品が必要、滅多に使わないので勿体ない
○度数が合う
○目が乾き辛い



月に1回も使わない私には「デイリーズ プログレッシブ」の方が経済的なんだが、いかんせん度数が合わず、目も乾いて2時間位が限界・・・。

これなら無理して使わなくても、と思った。



他のレンズを試用するのも面倒なので、装着感の良い「エア オプティクス」を使ってみる事にしたわけだ。

そのうち(いつだよ)1日使い捨てで度数の合うレンズが発売されたら、また考えようという結論に(←結論を先送りしたとも言える)。



20年以上ハードコンタクトを使っていたので、使い捨てのソフトコンタクトって、どうしても勿体ないと思ってしまうんだが、度数やレンズを決めかねている時には良いかも。

試用できるのも、使い捨てならでは、か。



101029エアオプティクス1

そんなこんなで、初めての遠近両用コンタクト「エア オプティクス」を購入。

1箱(6枚入)3,640円×2=7,280円。

眼科で購入したんだが、コンタクト屋併設ではないので、土曜までに注文すれば、翌週木曜以降に受け取る事ができる(←面倒)。



101029エアオプティクス2

貼って剥がせるシールで「右」が分かるようにしてくれた。

が、包装フィルムを剥がして、あれこれやっていたら、どっちが右だか分からなくなってしまった(とほほ)。



101029エアオプティクス3

たぶん「-7.00」の方が右(写真中の楕円は画像処理で入れたもの)。

見え方が気持ち悪かったら、入れ直せばいいさ。



さて、初めてのソフトコンタクトで、ケア用品も初めて見るものばかり。

101029エアオプティクス4

まず、外した後のこすり洗いや、装着し直す時のすすぎに使う「ソフトウェアプラス」と携帯ケース。

ハードコンタクトのように、流水ですすげないので、外出時には、携帯ケースに「ソフトウェアプラス」を入れて持ち歩く。



余談だが、眼科から試用レンズを装着したまま帰って、こすり洗いをしようとした時、こすり洗いの仕方を知らない事に気づいた。

ハードコンタクト時代のクセで、回すように洗ってしまったが、それはやってはいけない事だった。

そしてレンズの裏も洗う、って・・・裸眼0.1未満の目で、ソフトレンズを裏返すのは辛い(←眉間にシワ)。



こすり洗いの仕方はネットで調べたけれど、後日、改めて眼科で教えてもらった。



101029エアオプティクス5

こちらは、こすり洗い後のつけおき用「エーオーセプト クリアケア」。

どうしても「オーエーセプト」と言ってしまう。



試用でいただいたのが残り僅かだったので、ビックカメラWパック(360ml×2本で2,480円)を購入して万全の構えだったんだが・・・また試供品をいただいてしまった。

この先ずっと、レンズを買う度にいただけるのかな・・・。

そうなると、いつまで経ってもWパックが消費できないんでは。



101029エアオプティクス6

試供品もWパックも、消毒液「エーオーセプト クリアケア」と、中和用ディスク付専用消毒容器「ディスポカップ」のセット。

「ディスポカップ」のレンズホルダー(写真右上)の先に付いているのが、中和用ディスクだ。



101029エアオプティクス7

白金の中和用ディスクから気泡が発生して、6時間以上経つと、消毒液が中和される仕組み(らしい)。

消毒液でレンズをすすぐのは厳禁だが、中和後は、レンズを取り出して、そのまま装着する事ができる。



24時間以上経った場合は、再び6時間以上消毒・中和、また、長期間使用しない場合は、最低週1回の消毒・中和を。

消毒液がなくなったら、「ディスポカップ」も新しいのに交換するべし。



・・・というケアをしつつ、「エア オプティクス」の1枚目を3回ほど使用したところ(1カ月以上前に)。

デビューは甥っ子の結婚式で、朝5時から約10時間装用したんだが、途中何度か涙ぐんだ事もあって、乾燥は気にならなかった。



しかし・・・化粧を直そうと、洗面所の鏡に近づいたら、ボヤけてよく見えなかった(うぅ)。

近くより遠くが見やすい度数にしたので、手元がハッキリ見えないのは覚悟していたが、鏡が見辛いとは・・・。

でも、明るい所で化粧した時は気にならなかったので、洗面所が薄暗かったせいかも。



最後に、ちょっとした物欲。

遠近両用コンタクト元年を迎えたのを機に、20年来欲しかった、レンズを流さないようにするマットを買おうかと。

何故かドラッグストアでは見かけないんだが、先日ジャスコで発見!

が、900円以上していたと思うので、ネットで買うのとどちらが安いか、検討してみるとしよう(いそいそ)。


*シード セイフティキャッチ(定価1,050円)
>>楽天市場の比較一覧
>>Yahoo!ショッピングの検索結果
>>Amazonは1,280円(送料無料)←定価1,050円なのに!?



<購入したコンタクトレンズ>

*メーカーサイト>>エア オプティクス アクア遠近両用チバビジョン
*利用者の声>>遠近両用コンタクト ユーザーズVOICE

<眼鏡・コンタクトの関連記事>
初めての老眼鏡<1>
初めての老眼鏡<2>
スポルディングの度付スイミングゴーグル、使用後の感想

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。