プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピリ辛ごぼう風味が後を引く「狸のしっぽ」

お取引先のNさんに、よくお裾分けをいただくんだが、色々とお取寄せを楽しんでおられるようで、選球眼も確か。

おかげで、珍しいものや美味しいもののご相伴に預かっている。

今日も、原稿受渡しの時にお菓子をいただいた。

狸のしっぽ1

柿の種を大きくしたような感じの「狸千兵衛 狸のしっぽ」。

狸千兵衛て・・・(ぷっ)と思ったら、製造元が「たぬき煎餅」。

意外と直球だった。

狸のしっぽ2

ラベルに「ごぼう味・唐辛子」とあるが、表面に唐辛子のツブが付いていて、食べるとまず辛さが来る。

見かけによらず、柿の種より辛いんじゃなかろうか。



柿の種は後を引く辛さだが、「狸のしっぽ」は、ちょっと時間を置きたくなる辛さ。

時間を置いている間に、ごぼうの風味が鼻から抜ける。

この風味が、いい。



そしてゴボウの風味が抜けたら、また食べたくなる。

結局、後を引くのだった。



んあ~、うまかった。

ビールが進んだぜぃ。



*メーカーサイト>>麻布十番 たぬき煎餅

<Nさんのおすそわけの関連記事>
釧路・平林商店「さばの酵素漬」
カネサン厚岸冷蔵「さんま甘酢漬け」
グリーンアスパラの根元の漬物
スポンサーサイト

釧路・平林商店「さばの酵素漬」

いつもお裾分けをいただくお取引先・Nさんから、尾頭付きの冷凍「さばの酵素漬」を手渡された時は、正直困惑した。

080623さば1

どうやって消費しようか、と。



食べればいいだけの話なんだが、解凍したら食べきるしかない。

私は一度にたくさん食べられないので、どう少なく見積もっても4食分。

さばは好きだけど、4食(もしくは4日)連続はちょっと・・・。



そんなこんなで手が出ず、長いこと冷凍庫に横たわっていたんだが、冷凍庫のドアを閉める度にしっぽが挟まるので、いささか邪魔になり、08年3月、ついに食べることに(賞味期限は07年6月・・・)。

いざ、調理開始。



080623さば2

米糠を洗い流して、水気を拭き取る。

080623さば3

3枚におろす。

この時、包丁の切れ味が悪かったので、そのうち研ごうと思っていたが、いまだにやっていない。

080623さば4

焼くと、かなり脂が出てきて旨そう。

私はいつも魚をグリルではなく、フライパンに「クックパー きれいにはがせるホイル」を敷いて焼いている。

焦げ付かないし、フライパンも汚れないので後片付けが楽なのだ。

080623さば5

炊きたてのご飯と一緒に。

脂がのっていて、やたら旨かった。

こんなに美味しいなら、もっと早く食べればよかった。



少なくとも賞味期限内に。



これを食べて以来、糠漬けの魚にハマっているんだが、糠漬けとか、カラッカラに干したししゃもとか、若い頃は見向きもしなかった食べ物が、妙に美味しく感じられる。

嗜好は歳相応ということか。



<Nさんのおすそわけの関連記事>
ピリ辛ごぼう風味が後を引く「狸のしっぽ」
カネサン厚岸冷蔵「さんま甘酢漬け」
グリーンアスパラの根元の漬物

<酵素漬の関連記事>
何故か海産物まつり

カネサン厚岸冷蔵「さんま甘酢漬け」

080624さんま

お取引先・Nさんから何度もいただいている「さんま甘酢漬け」。



さんまの他に、数の子、菊、菜の花、生姜、人参、赤唐辛子等が入って彩り豊か。

数の子のプチプチとした食感がまたいい。

酸っぱい物、特に甘酢が苦手な私だが、これは本当に美味しいと思う。



行きつけのスナックのママにお裾分けしたところ、お店のお客さん(主に40~50代男性)にも大好評だったそう。

実家の母にも食べさせたら、ことあるごとに「あれ美味しかったね」と。

・・・催促されてるのかな。



Nさんがどういうルートで買ったのか分からないんだが、検索したところ「厚岸漁業直売店」で注文できる。

「さんま甘酢漬け(680円)」の他にも、美味しそうな加工品が色々。



なんと、糠さんま3尾入り1袋が189円! 安っ!

勢いで注文しそうになったんだが、送料を調べたら1,155円(北海道)。

沖縄に至っては3,045円!



・・・もう少し考えよう。



*メーカーサイト>>厚岸漁業直売店

<Nさんのおすそわけの関連記事>
ピリ辛ごぼう風味が後を引く「狸のしっぽ」
釧路・平林商店「さばの酵素漬」
グリーンアスパラの根元の漬物

<さんま甘酢漬けの関連記事>
何故か海産物まつり

グリーンアスパラの根元の漬物

080717アスパラ1

5月の話になるが、お取引先・Nさんからグリーンアスパラのお裾分けが。

一緒に、出荷する時に切り落とされた硬い部分も、二掴みほどいただいた。

アスパラを調理する時に硬い根元を落とすが、それより更に下の部分だ。



アスパラ農家では、この部分を漬物等にして食べているそうで、だいたいの作り方を伺って、自己流で作ってみた。

ちなみに、漬物を漬けたことは一度もない。



080717アスパラ2

まず、皮を厚めに剥いて、柔らかい部分だけを残す。

080717アスパラ3

どこまで剥けばいいんだろう・・・と思っていたが、包丁の感触で、硬い部分と柔らかい部分の差が分かるものだ。

080717アスパラ4

剥き終わったところ。皮の方(右)が多い・・・。



Nさんのお話では、めんつゆにみりんを加えた汁に漬ける、とのことだが、失敗したら悲しすぎるので、3種類の汁に漬け込んでみた。

080717アスパラ5b

左から、黒酢入りの「キャベツのうまたれ」
酸っぱい物が苦手な私が、何にでもかけてしまう位お気に入りの一品だ。

中央は、めんつゆ100%。
濃縮タイプを薄めず、そのままで。

右は、めんつゆにみりんを加えて、なんとなく鷹の爪も入れてみた。

3つとも汁が多すぎだ・・・。

080717アスパラ6

4時間ほど漬けたところで味見(並びは上の写真と同じ)。
生のまま漬けて硬くないのか不安だったが、全然大丈夫だった。

期待していた「キャベツのうまたれ」は、酸っぱすぎてムセた・・・。
めんつゆ100%は、しょっぱすぎ。

めんつゆ+みりん+鷹の爪が一番美味しかったかな・・・この中では。
3つとも、ちょっと水を加えれば良かったかも。



・・・そもそも初めての漬物なんだから、普通に「浅漬けの素」とかで作れば良かったのでは?



細いアスパラだと、皮を剥いたら何も残らないので、2L位の立派なアスパラが手に入ったら、作ってみてはいかが?

・・・この記事を反面教師に。



<Nさんのおすそわけの関連記事>
ピリ辛ごぼう風味が後を引く「狸のしっぽ」
釧路・平林商店「さばの酵素漬」
カネサン厚岸冷蔵「さんま甘酢漬け」

キリン模様の「東京じゃがりこ カレー味」

080717じゃが1b

お取引先・Nさんの東京出張土産。

北海道限定「海の幸味」、東海地区限定「うなぎのかばやき味」は食べた事があるんだが・・・東京バージョンはカレー!?

080717じゃが4

見た目は「じゃがりこ」のマスコット、キリンをイメージしたらしい。

コクのあるカレー味で、後を引く美味しさ。

限定ではなく、普通に売っても人気が出そうだ。

080717じゃが2

8袋入り1箱に、キリンファスナーマスコットが1個入っている。

左が「おすもうキリン」、右が「雷門キリン」。

この他「東京タワーキリン」「パンダキリン」と、シークレットの全5種類。



おすもうキリン・・・麒麟ってことは押尾川部屋に所縁が!?(たぶん違う)




*メーカーサイト>>じゃがりこカルビー
楽天市場で「地域限定じゃがりこ」を探す
Yahoo!ショッピングで「地域限定じゃがりこ」を探す


<Nさんのおすそわけの関連記事>
釧路・平林商店「さばの酵素漬」
カネサン厚岸冷蔵「さんま甘酢漬け」
グリーンアスパラの根元の漬物

札幌「くるみや」のオレンジゼリー

080812くるみや1

お取引先Nさんの会社で、打ち合わせの後にいただいた夏らしいデザート。



商品名は分からないんだが、透明&オレンジ色とゼリーが二層になっていて、それぞれ違った食感や風味を楽しめる。

透明なゼリーは皮を使っているのか、ちょっと苦みがあって美味しい。

手土産にも喜ばれそうな、大人のゼリーという感じ。



オレンジの他、白桃やグレープフルーツ等もあるそうだ。

Nさんが全種類教えてくださったんだが、2つしか覚えていない(とほほ)。

検索してみたが見つけられず・・・。



「くるみや」は、シフォンケーキで有名な札幌の洋菓子店なんだが、検索過程で、明石に本店があると初めて知った。

逆に明石の人は、札幌に支店があることに驚いているらしい。



<Nさんのおすそわけの関連記事>
カネサン厚岸冷蔵「さんま甘酢漬け」
グリーンアスパラの根元の漬物
キリン模様の「東京じゃがりこ カレー味」

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。