プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無印商品「後ろから着ける天竺編みイヤーマフ」やっと買った

札幌にも初雪が降り、一段と寒くなってきた。

これからの季節、外出する時に帽子をかぶることがあるんだが、帽子はあまり好きではなくて、耳が寒いので仕方なくかぶっていたりする。

なので、このところ毎年イヤーマフが欲しかったんだが、ヘッドフォンみたいなのはちょっとなぁ・・・などと選り好みしているうちに、いつしか春の気配が・・・。



しかし昨年の秋、ついに「これだ!」というのに巡り会った。

081104耳3b081104耳4b

無印良品の「後ろから着ける天竺編みイヤーマフ」だ。

が、「今度買おう」と思っているうちに、売り切れてしまった。

どうして見つけた時に買わなかったのか・・・私よ。



・・・という昨年の反省を踏まえて、今年は早々と購入。

店頭には、グレーと茶色しかなかったが(残り1色は黒)昨年もグレーを買おうと思ったので、迷わずグレーを選択。

081104耳5

これが「天竺編み」らしい。

ゴミは付きにくそうだが、毛玉が出来やしないか気になる。

081104耳6

内側は起毛で、あたたか。

肌触りも気持ちいい~。



中に針金のようなものが入っていて、耳に当たる部分は円状になっている。

風が入るのを防いでくれそうだ。



一番上の写真の状態に戻ろうとする力が強いので、耳部分を両手でしっかり持って広げる・・・。

これを買った帰り道、耳が寒かったので歩きながら着けようとしたら、手が滑って、片方の耳部分が目を直撃・・・コンタクトが飛ぶところだった(大昔、一眼レフの巻上げレバーでコンタクトを飛ばしたことがある)。



往路は耳がちぎれるほど寒かったが、復路は暖かくて快適だった。

やっぱり買って良かった!



ところで・・・

081104耳1081104耳2

どっちの着け方が正しいんだろう。

こうして見ると、左か。



ついでに「スチームファン式加湿器(R-ML2 )」のクリーニングフィルターを注文(2枚組で420円)。

以前使っていた加湿器もそうだったが、消耗品が取り寄せというのはいかがなものか。

いちいち取り寄せるのは面倒なので、5セット注文してしまったじゃないか。



・・・はっ!

まとめ買いが狙いか!?

にしても、5セット(10枚)も手元にあったら、手入れしないんじゃ・・・。



<あったかグッズの関連記事>
ワコール「スゴ衣」はらまき
「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」シーズン2
「窓際あったかボード」を置いてみた

<加湿器の関連記事>
手入れしないとこうなる!無印良品スチームファン式加湿器<1>
手入れしないとこうなる!無印良品スチームファン式加湿器<2>
無印良品「スチームファン式加湿器」クリーニングフィルター注文
スポンサーサイト

「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」シーズン2

毎年、冬になると欲しくなるのが、足温器やパネルヒーターといった足元用の暖房機器なんだが、加湿器だけで電気代がハネ上がってしまうので、できるだけ光熱費をかけずに、いかに足元を温めるかというのが、ここ数年のテーマになっている。

081110スリッパ1081110スリッパ2

1年程前に買って、今シーズンも出番のやってきた「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」。

湯たんぽの「レンジでゆたぽん」を5~6年使っていて、温かさの想像がつくので、特に悩まず購入。

強いて言うなら、ピンクはちょっと・・・ということぐらいだった。

081110スリッパ3081110スリッパ4

「レンジでゆたぽん」同様、この「本体」をレンジで繰り返し加熱することができる。

先日、痛む腰を温めようと、1個だけ加熱して腰に当ててみたが、「本体」を固定できなくて全然温まらなかった・・・。

081110スリッパ5081110スリッパ6

スリッパのサイズは22~25センチ。
大きい場合は、足首のゴムで調節できる。

底は滑り止め付き。
強力ではないが、まるっきり滑らないのも危険だと思うので、程よい感じ。

081110スリッパ7081110スリッパ8

レンジで加熱した「本体」をスリッパのポケットに入れる。

袋の端を折らないと、上手く収まらなかったり。

081110スリッパ9081110スリッパ10

低温やけどを防ぐため、くつ下をはいて使用・・・。



うーん・・・なんか苦しい。

誰かに軽く足を踏まれているようだ・・・それも、ずっと。



温めたいのはヤマヤマだが、苦しいのはちょっと・・・。



というわけで、今は普通の防寒スリッパとして使っている。

それだけでも結構温かいし、柔らかいので、つま先が自由に動く。

履いたまま座布団に座っても平気だ。



本来の目的では1回しか使用していないんだが、使ってみて、私が温めたいのは足の甲じゃない、というのが分かった。

そして、行き場を失った「本体」をどう活かすか、という新たなテーマが。

長いはらまきを何重にも折って、挟めるとか・・・?



このシリーズの首・肩用も気になっているんだが、誰かに肩を組まれているような、微妙に重たい感じなんだろうか・・・。




白元「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」
*メーカーサイト>>レンジでゆたぽん あったかスリッパ白元


<靴下・スリッパの関連記事>
桐灰「足の冷えない不思議なくつ下」シーズン3
ユニクロ「ヒートテックタイツ」を買ってみた
桐灰「足の冷えない不思議なスリッパ」買って良かった!

<あったかグッズの関連記事>
ワコール「スゴ衣」はらまき
無印商品「後ろから着ける天竺編みイヤーマフ」やっと買った
「窓際あったかボード」を置いてみた

桐灰「足の冷えない不思議なスリッパ」買って良かった!

先日来「窓際あったかボード」を置いてみたり、「ヒートテックタイツ」や「足の冷えない不思議なくつ下」「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」を履いてみたり・・・と、足元の防寒に余念がないんだが、なんか今ひとつ温まらないなぁと思ったら、真下の部屋が空室になっていた。



・・・うぅ、道理で底冷えするはずだ。



すでにパネルヒーターが買えるぐらい、防寒グッズに注ぎ込んでいるような気はするが、こちらにも意地がある(何の)。

今シーズンもできるだけ光熱費を押さえて、温かく過ごすぞ!(お~!)



というわけで、以前から気になっていた「足の冷えない不思議なスリッパ」を購入。

最寄りのドラッグストアには置いていなかったので、ネットで注文してみた。



検索した結果、一番安かったのが「イーコンビYahoo!店」で、定価2,750円が2,063円(税込)の特別価格。

しかも「ぽっかぽっかキャンペーン」で、桐灰商品2,000円以上購入で送料無料!

「イーコンビYahoo!店」は、電子文具等を主に扱う福岡県の会社らしいので、こういう商品は異色だし、北海道まで送料無料というのも非常に珍しい。

安すぎて逆に心配だったんだが、ちゃんと届いた(ほっ)。

081128スリッパ1081128スリッパ2

軽いけど、箱が意外と大きくてびっくり。
2リットルのペットボトルぐらいある・・・持ち帰りたくない感じだ。

しかも、最寄りじゃないドラッグストアでは2,470円ぐらいで販売されていた。

これはネットで注文して良かった!

081128スリッパ3081128スリッパ4

「不思議なくつ下シリーズ最高の保温力」だそう。

内側に断熱繊維、底面に特殊2層構造のウレタン素材を使用した「ダブル保温構造」で、足先から足首までを強力に保温してくれるそうだ。

洗濯は中性洗剤を使用して、毛玉防止のため、ネットに入れて弱水流で・・・その点は「足の冷えない不思議なくつ下」と同じ。

・・・ということは、このスリッパにも毛玉が!?

081128スリッパ5

茶色い物を身につける事がないので、いささか抵抗はあるが、見た目より温かさ優先だっ。



買う前に色々検索した時、この商品に関する記事も少なかったんだが、細部の画像がほとんどなかったので、色々な角度から撮ってみた。



081128スリッパ7081128スリッパ8

サイズは23~25センチで、脱ぎ履きのしやすい形状。
素材は柔らかいが、厚みがあるので、足首をしっかり包んでくれる。

履き口の後ろに洗濯表示が付いているので「なんでこんな所に!?」と思ったが、洗濯後、日陰でつり干しするそうなので、その時に使えるかもしれない。

081128スリッパ9081128スリッパ10

真横から見ると印象が違う感じ。

結構しっかりとした底が付いている。
これが、特殊2層構造のウレタン素材らしい。

081128スリッパ11081128スリッパ12

底には、ちゃんと滑り止めが付いている。

レンジでゆたぽん あったかスリッパ」より、やや強力。
比べてみると「足の冷えない不思議なスリッパ」の方が、安心感がある。

081128スリッパ13081128スリッパ14

内側全体に、サーモンピンクの断熱繊維がびっしり。
底部分は毛足が短くなっている。

081128スリッパ15081128スリッパ16

履いた瞬間から温かい・・・(タメイキ)。
底がしっかりしているので硬いのかと思ったが、柔らかくて動きやすい。

が、つま先にちょっと圧迫感が・・・(私の足は24センチ)。
でもまぁ、履いているうちに伸びてくるだろう。

081128スリッパ17

せっかくなので、タッグ対決してみた。

左足「足の冷えない不思議なスリッパ」&「足の冷えない不思議なくつ下 ハイソックス超薄手」

右足「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」&「足の冷えない不思議なくつ下 ハイソックス」

夕方から約4時間過ごしてみたが、左足の圧勝だ。

一番の違いは、床からの冷気の伝わり方。
スリッパの底面が違うと、こんなに温かいのか・・・うぬぅ。

そもそも「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」は、加熱した本体を装着する事で温まるので、スリッパ自体の保温性は高くないのかも。



にしても、足の甲を温めるという点に疑問が・・・。



「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」の方は、秋・春と「足の冷えない不思議なスリッパ」洗濯中に履くとしよう。

・・・というわけで、両足「足の冷えない不思議なスリッパ」に履き替えた。

やはり、こっちの方が断然温かい・・・(再びタメイキ)。




桐灰「足の冷えない不思議なスリッパ」
*メーカーサイト>>足の冷えない不思議なスリッパ桐灰化学


<不思議なくつ下シリーズの関連記事>
桐灰「足の冷えない不思議なくつ下」シーズン3
桐灰「足の冷えない不思議なくつ下」シーズン4

<靴下・スリッパの関連記事>
「レンジでゆたぽん あったかスリッパ」シーズン2
桐灰「足の冷えない不思議なくつ下」シーズン3
ユニクロ「ヒートテックタイツ」を買ってみた

<あったかグッズの関連記事>
ワコール「スゴ衣」はらまき
無印商品「後ろから着ける天竺編みイヤーマフ」やっと買った
「窓際あったかボード」を置いてみた

<桐灰製品の関連記事>
桐灰「血流改善 肌にはる-コリほぐシート-【腰用】」
桐灰「血流改善 肌にはる-コリほぐシート-【肩用】」

履き心地の良い「SAYA」のフラットシューズ5378

昨年5月に右足首を捻挫してから約1年間、外出する時には装具をつけていたので、靴を選ぶ基準は「装具をつけて履けるかどうか」だった。

雪が溶けて歩きやすくなったところで、装具を外したんだが(自己判断で)・・・1年間ごっつい装具をつけていた反動か、女らしい華奢な靴が欲しくなったんである。



100701SAYA08100701SAYA09

しかし、女らしい靴と無縁に生きてきた私の足長は24センチ、足囲と甲囲は23センチ、足幅10センチで、E~EEEといったところ。



この足で履ける華奢な靴、しかもヒールが低くないと、捻挫グセのついた足首に危険が!

もうその時点で選択肢が少ないわけなんだが、私が思う華奢と、メーカー側の華奢が違ったりするので、更に選択肢が・・・。



何軒か見たけれど、これといった靴がなかったので、気心の知れた(と思っている)「SAYA」のフラットシューズを購入したのであった。



100701SAYA01

私にとっては、かなり華奢。



100701SAYA02b

こんな女らしい靴(私にとっては)を買ったのは、何十年ぶりかしら・・・(女らしい遠い目)。



SAYAの他の靴も色々履いてみたけど(5577、5669、5701、5794など)・・・



100701SAYA03

これが一番、履きやすかった。

ソフトレザーなので軽くて柔らかいし、つま先がスクエアなので、とってもラク。



100701SAYA05

2本のストラップが斜めに走る、洒落たバレエシューズデザイン。



100701SAYA06

シークレットヒールで、実は2センチほどの高さがあるらしい。



100701SAYA07

独特のソールで、軽やかに歩く事ができる。

大袈裟でなく、履いていないかのように軽い。



しかし・・・ビルや地下街なんかを歩くにはいいんだが、外を歩く時は、革に傷をつけそうで緊張してしまうのだった。

実際、買って1カ月で、早くもつま先に傷が(うぅ)。



税込19,950円・・・大事に大事に履きたいと思う。

1,900円の靴を10年間毎年買うより、19,000円の靴を10年履きたいんである。



ちなみにSAYAの靴は、メーカーでの修理が可能。

10年以上履いているサンダルが、修理から戻って来たところなので、次の次の記事あたりで。




*メーカーサイト>>SAYARABOKIGOSHI
楽天市場で「SAYA 5378」を探す
Yahoo!ショッピングで「SAYA 5378」を探す

<2010.12.10追記>
商品画像リンク切れにより記事修正。

<SAYAの関連記事>
長く履き続けたい「SAYA」の靴
「SAYA」のサンダルをメーカー修理してみた

長く履き続けたい「SAYA」の靴

初めてSAYAの靴を買ったのは・・・20年近く前だったろうか。

シンプルなデザインに一目惚れしたのである。



最初の頃は、紳士靴みたいなのばかり買っていた。

今でも、似たようなデザインの靴(5820、5705)が作られているのは、なんだか嬉しい。



その後体重が増えたり、むくみやすくなったりして(とほほ)、窮屈さを感じるようになったので、少し違うデザインを。



100701SAYA13100701SAYA12

相変わらずの紳士ぶりだが、甲が少し緩め。



この靴を買ったのは・・・10年位前かな。

革靴を履く機会があまりないので、綺麗なもんだ。

もうあと10年は履けるんでは。



冠婚葬祭用に買ったパンプス(EEE)では歩けないので(生まれたての子牛のように←誇張あり)、この靴で披露宴やお通夜に行くことも。

やはり、シンプルな黒い靴は便利ですな。



100701SAYA11100701SAYA10

色と風合い、デザインに一目惚れして、上の靴と一緒に買ったミュール。

どちらか一足に決められなかったんである。

この風合いは、履き込んで出来たのではなく、最初からこんな感じだった(はず)。



手持ちのバッグや服に合わせて、いつも黒を買ってしまうけど、SAYAの靴は、色や風合いも洒落てるんだよなぁ・・・。

で、このミュールに合わせて、キャメル色のバッグも買ってしまった。



・・・景気が良かった頃の話だ(うぅ)。



ちなみにストラップは飾りで、バックストラップになるわけではない。

が、歩いていて脱げそうになったりはしないので、バックストラップがなくても大丈夫だ。



前記事の靴を買う時、このミュールを履いて行ったんだが(脱ぎ履きしやすいから)・・・若い店員さん2人は見た事がないデザインらしく、やたら「いいですね」「かわいい」を連発していた。



100701SAYA15100701SAYA14

こちらも10年近く前に買ったブーツ。

他にブーツを持っていなかったので、近所のスーパーに行く時にも履いていた。

さすがに、ちょっと水が染みるように・・・。



足が太くてロングブーツが入らない私だが、このブーツはファスナーではなく、足首あたりをマジックテープ付のストラップで留めるようになっているのだ。

が、装具をつけると踵が入らないので、この冬はお休み。



100701SAYA17b100701SAYA16b

珍しいSAYAのスニーカーは、12~3年位前に買った・・・のかな。

その前にも、同じのを買って履いていた。



いい加減汚くなったから捨てようかな・・・と思った頃に右足首を捻挫

途端に「装具をつけて履ける靴」という、重要なポジションを獲得したのであった。

甲の部分が全面ゴム(?)で、脱ぎ履きしやすいので、随分助かった。



しかし装具で擦れて生地はボロボロ、つま先に穴も開いたので、この春処分してしまった。

写真は処分する直前に撮ったため汚いので、小さめに掲載。

いやぁ・・・このスニーカーは、履き倒した(感慨)。



あと一足、紳士靴系スクエアトゥでオリーブ色のもあったんだが、引越しの際に処分。

色と風合いが気に入って買ったけど、服と合わせるのが難しくて(記憶の中ではこんな色)、ほとんど履いていなかった。



・・・だから結局、黒を買っちゃうんだよなぁ。

前記事の靴のグレージュなんて、すごく素敵なんだけど(うっとり)。

←5378

だがしかし、白っぽい靴を履くと、汚さないように緊張して、挙動不審になる可能性が(←考え過ぎ)。



この他、修理して履き続ける事にしたサンダルについては、次記事で。



*メーカーサイト>>SAYARABOKIGOSHI

<2010.12.10追記>
商品画像リンク切れにより記事一部修正。

<SAYAの関連記事>
履き心地の良い「SAYA」のフラットシューズ5378
「SAYA」のサンダルをメーカー修理してみた

「SAYA」のサンダルをメーカー修理してみた

100701SAYA19b100701SAYA18

このサンダルを買ったのは・・・たぶん10年位前。

琴光喜が幕内優勝した2001年九月場所(同時多発テロ直後)を観戦に行った時、これを履いていたはずだ。

余談だが、当時の流行とは全く関係のないマキシ丈のスカート(ウエストはゴム)も履いていて、国技館の階段で裾を踏み、あやうくスカートが脱げそうになったのであった。



10年物とはいえ、夏に何回か履くだけなのでパッと見は綺麗なんだが、ソールのつま先が傷んできたので、いいサンダルがあったら新調しようかな・・・と、こちらの記事の靴を買った時に、2足ほど試着してみた。



←5768

5768は、履き心地は良かったが、ソールが硬くて歩き辛い感じ。

ソールの材質も、あまり好きじゃない。

共革だったらいいのになぁ・・・。



←5783

5783は、この夏流行のグラディエーターサンダル。

これは今年しか履けないんでは・・・と思いつつ、せっかくなので(何が)試着。

チョコレートプラネットの古代ローマコントとか、プロレスラーのグラディエーターを思い出してみたり(←買う気ゼロ)。



何の変哲もない普通のサンダルが欲しかったんだが・・・意外とないものである。

というわけで、サンダルを買うのはそのうち(いつだよ)にしたんだが、店員さんとの会話の中で、古いSAYAの靴も修理できるという話が。



今年の春だったか・・・地下鉄で隣に座った若者が足を組んだので、目の前に来た足を何気なく見たら、調子に乗った感じの白い靴の、つま先のソールが10センチくらい剥がれて、パックリ口を開けていたのである。

明日は我が身。

傷んでいるのは目立たない場所だけど、気にし出したら気になって仕方がないので、ひとまずメーカーに送って、見積りを出してもらう事にした。



お店にサンダルを持ち込んだのは、5月中旬。

ついでに、斜めにすり減ったヒールも修理する方向で。



3~4日で連絡できるだろうという話だったが、電話が来たのは3週間後の6月上旬。

あまりに遅いので、2週間経ったあたりでお店に行って様子を聞いてみると、修理方法を検討していたらしい。



結果、ソール全部を交換した方が強度面では安心だが、このサンダルの場合は無理なので、つま先とヒールを部分的に交換する事に。

見積額は、1,800円(たぶんつま先)と1,600円(たぶんヒール←もう忘れた)で合計3,400円(税別)。

新しいサンダルが買えなくもないが、買いたいサンダルもないので、修理する事にした。



それからまた3週間・・・6月下旬に、やっと修理から戻って来た。

夏に間に合って良かった(ほっ)。



しかし、電話をくれた店員さんが曇りがちに「実はご相談したい事が・・・」と。

一体何が(どきどき)と思ったら、交換した部分と元のソールの見た目が違いすぎるので、気になるようだったら再修理を・・・という事だった。



100701SAYA22100701SAYA24

全然気にならないけど? こういうデザインだと思えなくもないし。

それに、これから修理に出したら、夏が終わってしまうじゃないか。

とりあえず履いてみない事には、強度も分からないし。



というわけで、引き取ってきたんだが・・・ヒールが新品のようだ(うっとり)。

問題のつま先は・・・



100701SAYA21100701SAYA27

ソールが剥がれてすり減り、色も剥げ、革に傷もあったんだが、ここ数年この状態だったので、地下鉄の若者の靴を見るまで気にしていなかった。

が、修理してみると、すごくキレイに!



100701SAYA25100701SAYA26

別角度から。

・・・うむ、修理して良かった!

靴を修理したのは初めてだったけれど、製造メーカーによる修理という事で、変な風にはされないだろうという安心感があった。



これでまた10年履けるんでは(うっしっし)と思っていたんだが、ゴム状のストラップが若干伸びてきたような・・・。

まぁそれも、いよいよな状態になったら相談してみるとしよう。



*メーカーサイト>>SAYARABOKIGOSHI

<SAYAの関連記事>
履き心地の良い「SAYA」のフラットシューズ5378
長く履き続けたい「SAYA」の靴

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。