プロフィール

でわさん

Author:でわさん
進む老眼、失われゆく潤い、忍び寄る更年期・・・そんな現実から逃れられなくなってきた、在宅フリーのDTPデザイナー。
掲載の商品・サービスには、アフィリエイトプログラムを利用しているものがございます。

dewa3teiをフォローしましょう

Twitterボタン

ピックアップ記事

101123スゴ衣

ワコール「スゴ衣」


101123足の冷えない

あったか衣料&雑貨


101123あったか

冷気対策グッズ


101123キャメル

キャメル敷布団


フォーマル80

フォーマルファッション


ブレンダー

貝印「マルチブレンダー」


101123よなよな

よなよなエール


101123青鬼

インドの青鬼


080517小江戸

COEDOビール


080517いか

ぞっこんイカ


080623ウッド

記憶スケッチ対決


0807自転車

ベルメゾンの折りたたみ自転車


080517コンビニ

ブログ全記事表示

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せきしろが!?

ハリセンボン箕輪はるかに恋人が!?

大抵の事には動じない私だが、このニュースには驚いた。

驚いたのは、箕輪はるかに恋人がいた事ではなく、相手がせきしろで、イチロー似のイケメンと称されている事だ。



イチロー似のイケメンについては置いておいて・・・。



私は、小さい版型の「紙のプロレス」から現在の「kamipro」まで、かれこれ15年近く買い続けているんだが、それは、せきしろのコラムを読むためと言っても過言ではない。

コラムだけをファイリングしているほどだ(老後の楽しみに)。



どこがどう好きなのかを説明するのは難しいんだが・・・面白いのだ。

着眼点とか発想とかが。

ビートたけしのオールナイトニッポン」のハガキ職人っぽさを時々感じるんだが、リスナーだったんだろうか。



06年発売で、先頃ドラマにもなった(北海道未放送)「去年ルノアールで」も、妄想大爆発で面白かったので友人に貸してみたが、反応はイマイチであった。

雑誌連載や台本執筆等にて独特の文体でカルト的な人気を誇る。(ウィキペディアより)


好きな人にはたまらない、という事か。



<2010.11.24商品情報更新>
スポンサーサイト

おろしたて

080717TM1

基本的に物持ちのいいタイプなんだが、つい先日おろしたばかりの、このタオル。

92年1月、TMNのライブツアー「TOUR TMN EXPO」の会場で買ったものだ。

まだ20代の頃に・・・(遠い目)。

080717TM2

穴が開いても使っている(現在進行形)こちらのタオルは「T-MUE-NEEDS STARCAMP TOKYO」とあるので、おそらく88年8月25日、東京ドームのライブで買ったものだろう。

ちなみに、最初の「EXPO」と引き換えに引退したタオルは「TM NETWORK TOUR '86 FANKS DYNA☆MIX」だったはず。



・・・86年から使っていたわけではないが。

念のため。



当時は、ライブの度に何故かタオルを買っていた。

在庫は随分減ったが、使っていないタオルは、まだある(再び遠い目)。



080717TMN3b 080717TMN4b

ライブ戦利品、小室哲哉のスティック。

友人の前歯に当たって落ちたのを、すかさずゲット!

・・・ひどい友達だよなぁ、私ってば。



EXPO ARENA FINALEXPO ARENA FINAL
TMN

by G-Tools

刈屋アナ、熱く語る

もうすぐ北京オリンピック! などと盛り上がるようなタイプじゃないんだが、「ほぼ日刊イトイ新聞」の「教えて、刈屋さん!」を読んで、俄然興味が湧いてきた。(うーろんさん、情報ありがとう!)

オリンピックの名実況で知られる、NHK刈屋アナへのインタビューが、今日(8.1)から連載されているんだが、刈屋アナ、今回は東京で深夜のハイライト番組を担当するとのこと。



あのネクタイ、やはりオリンピック用だったのか!?

赤い円が日の丸をイメージ!?

これは連日チェックしなければなるまい!



と意気込みつつ、刈屋アナインタビューのバックナンバーを読んだのだが、アテネの男子体操、トリノの女子フィギュア等の実況裏話が、抜群に面白い! 

こちらは全20回だが、なるほど~と感心したり、ウルッとしたりしながら、刈屋アナのすごさを再認識(正直、見直した)。

そして、今回も刈屋アナの実況が聞きたい~~~と本気で思った。



とりあえずは、2年間HDDレコーダーに保存しっぱなしの、荒川静香選手のフリー演技を見て、刈屋アナの実況を聞き直してみよう。



楽しみだなぁ、北京オリンピック(の深夜ダイジェスト)。



*「ほぼ日」刈屋アナインタビュー>>教えて、刈屋さん!
*バックナンバー>>オリンピックの女神はなぜ荒川静香に「キスを」したのか?

クラウザーさんに惚れた

アメトーーク!」特集を目当てに「クイック・ジャパン79 (Vol.79)」を買ったら、他に「ダイナマイト関西」特集あり、みうらじゅん・関根勤インタビューありと、私的には読みどころ満載の内容で、期待していた以上に面白かった。



しかし、最後まで読む気が起きなかったのが「デトロイト・メタル・シティ」特集。

テレビでチラリと映画の予告編を見たことがあるんだが、特に面白そうな臭いがしなかったのである。

でもまぁ、せっかく買ったので読んでみた。



・・・・・・惚れた。

クラウザーさんに、ハートを鷲掴みされてしまった!



特に映画好きではなく、何より映画館自体があまり好きじゃない私だが、クラウザーさんに会いたい一心で、ほぼ7年振りに映画館へ!

ちなみに、最後に劇場で見たのは「RED SHADOW 赤影」だ。

すっかり忘れていたが、舞の海さんも出演していた。



この映画が爆発的につまらなかったのも、映画館から足が遠のいた一因だったり。



はさておき、映画「デトロイト・メタル・シティ」は理屈抜きに面白かった!

映画を見てあんなに笑ったのは「シベ超」以来か。

笑いの質は違うが・・・。



松山ケンイチ演じるクラウザーさんは、普通にカッコイイ。

もうすっかり虜なんである。

今日から九月場所だというのに、完璧に上の空だ。



映画にはKISSのジーン・シモンズも出演しているんだが、そういえば中学時代、部屋にKISSのポスターを貼っていたっけ。

聖飢魔?信者だった時代も・・・はっ!



根っから好きなのか!? 白塗りメイクのメタル系が!

ちょっと違うが、歌舞伎も好きだ。

カブキロックスはそれほどでも・・・って感じだったけど。



・・・クラウザーさんとの逢瀬から一夜明け、ずーーーっとYouTubeでクラウザーさん映像を見ている。

もう、これは・・・恋!?



恋をしたら、相手のことをもっと知りたくなるもの。

早速、原作コミック「デトロイト・メタル・シティ」セットをオトナ買いだ!



映画を見るまで興味のなかった、メイキングDVDも欲しくなってきた。

ナレーションがプロレスの実況風というのも面白そうだ。



*公式サイト>>デトロイト・メタル・シティ


<クラウザーさんの関連記事>
クラウザーさん祭り
ひとり慰労会<その1>クラウザーさんとの再会
クラウザーさんが、ご家庭に降臨!

クラウザーさん祭り

080922クラ1

映画「デトロイト・メタル・シティ」鑑賞から約1週間。

気が付けば、こんなにクラウザーさんが!



写真後列4冊と中列左の2冊は原作コミック。

ネットで注文しようと思っていたんだが、届くのが待ちきれなくて、映画を見た翌日、近所の書店でオトナ買いしてしまった。

漫画を読んで「クスッ」と笑うことはあるんだが、これは久し振りに本気で笑った。

クラウザーさん、面白すぎ!



写真中列右から2冊目の黒地の表紙は「ザ・ファンブック 魔典」。

原作コミックのキャラクターやエピソード(伝説)の紹介を始め、クラウザーさんメイク講座、クラウザーさん弁当のつくり方等々盛りだくさん。

ボツになったネームも載っているんだが、ラフにしては、結構描き込んでいるような印象。

以前見た、さいとう・たかを先生のネームがかなり簡単だったので尚更。

しかしこの本、黒ベタやアミが多くて、40代には読むのが辛かったり・・・。



写真中列右端は、劇場用パンフレット(ネット通販なし)。

20×20センチとサイズが小さいこともあり、中身がギュッと詰まった感じ。
バッグにスッポリ入るのも嬉しかった。



写真前列左端は「Go to DMC」実写映画「デトロイト・メタル・シティ」オフィシャルブック。

この本は、九割がたカラーページで(その分値段は高め)主要キャストのインタビューや撮り下ろしショット、スタッフの撮影日記、書き下ろし漫画にDMCスゴロク等もあり、かなりのお買得感。

中でも、思わず声をあげてしまったのが「クラウザーさんポップ化計画(社長には内緒♥)Produced by ねぎっちょ」。

このラブリーなクラウザーさんを見るだけでも、買う価値あり!(珍しく断言)



写真前列中央は、ドキュメントDVD。

ナレーションがプロレスの実況風だと「クイック・ジャパン」で読んで、期待と不安が半々だった。

期待していた部分は、このDVDの監督さんが「マッスル」の実況解説を聞いて、プロレスの実況風にしようと思いついた、ということ。

これが、往年の古館アナ風実況だったら買う気にならなかったかも。

しかし、検索してもナレーションが誰か分からなかったので、他の人があの実況を真似るなら面白くなさそう、というのが不安点。

どきどきしつつDVDを再生してみたら、ちゃんとマッスル実況コンビだった!

あぁよかった。

村田晴郎アナと週プロ鈴木健記者の、かけ合いのテンポとツッコミは絶妙だ。
プロレス実況の時より、テンション低めな感じだが。

一度再生した後、試しにナレーションなしで見てみたんだが、なんだか物足りなくて、もう1回ナレーションつきで・・・。

3回連続で見たら、また映画を見たくなってきた。

・・・映画のDVD、いつ出るんだろう(すでに買う気満々)。



写真前列右端は、私のハートに火をつけた(ぷっ)「クイック・ジャパン」。

表紙が「アメトーーク!」で、上の写真は裏表紙。



そして、クラウザーさん好きをアピールしていたら、友人(の事務所の方)からこのような貢ぎ物が!

あざーーーっす!(ジャギ様風)

080922クラ2080922クラ3

タワーレコードのノベルティ、うちわとステッカー。

額の文字は「塔」。

普通の明朝じゃなくて、筆文字のフォントにしてほしかった・・・。



というわけで、ご家庭でご不要のクラウザーさんグッズ回収中。



<クラウザーさんの関連記事>
クラウザーさんに惚れた
ひとり慰労会<その1>クラウザーさんとの再会
クラウザーさんが、ご家庭に降臨!

ひとり慰労会<その1>クラウザーさんとの再会

仕事が一段落した時に、自宅で「ひとり打ち上げ」と称して、普段よりちょっと豪勢に飲んだり食ったりすることがある。

宅配ピザを注文したり珍しいビールを飲んだり、といった具合に。

今月の仕事も一段落したようなんだが、腰痛にやられて、打ち上げをする元気もない・・・うぅ。



しかし、腰が痛いからといって、横になってじっとしているのも辛い。

第一、腰痛の原因は運動不足にあるんじゃないかと。

それに、これ以上家に引きこもっていては精神衛生上よろしくない。



・・・と、なんだかんだ理由をつけて「ひとり打ち上げ」よりも、さらにご褒美度の高い「ひとり慰労会」を開催することに。

忘れません

to remember 125×125
Photo : Aerial of tsunami damage near Sendai, Japan. / Official U.S. Navy Imagery

スポンサードリンク

メールフォーム

名前
メールアドレス
件名
本文

ブログランキング

QRコード

QR

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。